FC2ブログ

空手小公子 小日向海流(44) (ヤングマガジンコミックス) (44巻)』を読みました。

黒船との対決が終わると思ったらまだでした。


タイミングを計るために、ひたすら耐えていたり、小日向がアドバイスしたり筋肉ゴリラが見守る中、機を狙うのはさすが。
でも何故ネーミングがラーメンなの? とは思ったり。(笑)


ペリーがタックルのタイミングを読まれてからの動きはカッコよく。また、それに応える南さんが応えてる感があるからこそダサいとゆーか。(失礼(笑))
2R終了後のダグラス・ペリーの父親との会話のシーンもあるからこそね、惨めでも引き下がらないという覚悟があって、好感が持てるなぁ。

で、南さん、
最後には希の一発で元通り。あぁ、これでこそ南さんですよ。ホントに。w


にしても武藤さんは ちゃーんと南さんを把握してますなぁ。
ペリー戦が終わったら2人は顔を合わせるのかしら。(無さそうだけど)

空手小公子 小日向海流(44) (ヤングマガジンコミックス) Book 空手小公子 小日向海流(44) (ヤングマガジンコミックス)

著者:馬場 康誌
販売元:講談社
発売日:2011/07/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

関連記事
スポンサーサイト




[2011/07/27 02:49] | 漫画・アニメ
トラックバック:(0) |

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: