FC2ブログ
111119_021315.jpg


9GOATS BLACK OUT、NEWシングル、『Draw』を聞きました。

オフィシャルのオンラインSHOPで購入しました。
付属されていたポストカードの言葉から、改めて思ったことでもあるんですが、

“人生は選択の連続である”
という。

たとえば、『夕飯なにを食べようか』、『ゴハンにしようか、パスタにしようか』、『ではどこの店に行こうか』という選択肢の一つ一つが運命のフローチャートを導いている。

“甘美な死骸”が1曲目で、選択肢の連続の中で、<選ばなかったもの・過去のもの>に対しての憧れみたいなもの。未知(但し、それは過去であるのだけど)への憧れ。…のようなものが描かれているのかな、と思いました。
選ばなかったのだから、本来ならばそれは捨てたもの・焦がれる必要のないものではあるのだけど。

でも、この曲から受ける印象はそういう 選ばなかったものに対しての後悔のようなものではなくて、ただ、過去へ浮気するような気持ち。思いを馳せるだけ…っていう。だからネガティブなイメージでは無いんですけどね。ただ不思議ではあるんだけど。

後半で曲が勢いをつけるのも、ただの流れの一つであるような。


2曲目は、“Lilith”。
ウィキペディアのリリスの項を参考に、『アダムの最初の妻とされる』という記述などから、これはそのままの意味がこの曲にも用いられてるというコトになるんでしょうか。

『愛を伝えておかなきゃ 運命は無惨にも裂くから』という部分の歌詞は、この曲の印象の場合、ただ一人の愛する人 …ではなく、もっと複数の人に対しての愛というか、ただ一人愛したとしても、その人といつまでも共にいれるとは 限らない・思えない っていう。
不慮の出来事に奪われる …というワケではなく、純然な心変わりのようなもの。

これも“選ばなかった選択肢”への思い。かな。
しかしこの曲も夢の中ならいいんですけど、曲の終わりの部分の感じから 現実にも影響を与えうるような心が見えたり。
英詩タイトルが“静かな大地”なんだけど、煩うものが混濁としているような。


3曲目は “軽蔑”。
これは顔への執着とか、未練とか。この曲がたぶん一番 闇を描いてる。
“あいまいな約束”とありますから、尚 後悔の念とかがあるのかも。


“甘美な死骸”のPVを見たから思うことなのかもしれませんが、舞台や演劇のような、一つの感情の機微の物語を見てるような。そんな3曲でした。


限定盤はリミックス付き。
“a light”はメトロノームのリウさんが。
打ち込み全開なんですけど、どこかシンフォニックな感じもありつつ。で。
これは好きです。

“float”は DJ SUTOさんと akayaさんが。
原曲から ライブではアガる曲に変わったこの曲ですが、リミックスではおとなしい感じで。
質としては『TANATOS』収録の“690min”に近い感じですね。

あと2曲で、『devils in bedside』の楽曲は全てリミックスがされることになりますね。(笑)

この『Draw』のメインの3曲は、ポストカードの言葉のガイドがあるからか、前作よりも“入ってきやすい”ものでしたね。
まぁ、『Rorschach inkblot』は、敢えて断定しない っていうものでもあったから なんですけどね。
関連記事
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:ヴィジュアル - ジャンル:音楽

[2011/11/21 00:17] | 9GOATS BLACK OUT
トラックバック:(0) |

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: