FC2ブログ
2011.11.24.O.A.(再放送2011.11.28. 夜中)

爆問学問 ・ FILE168:「UNSOLVED #2 “ありえない偶然”はなぜ起こる?」を見ました。

菊池聡(きくちさとる)・信州大学人文学部准教授。認知心理学。

以下、HPから番組内容をコピペ。↓

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

菊池:「例えば私と太田さん、どっちも埼玉の出身ですわな。」
太田:「え!」
菊池:「私は深谷ですけどね。」
太田:「深谷?俺は上福岡です。運命的だ!」
田中:「ぜんぜん運命的じゃないでしょ。橋本さんはどこの出身ですか?」
橋本:「滋賀です。でも、私の祖父は深谷出身です。」
太田:「マジで?」
田中:「それすごいね。」
菊池:「今たまたま出身地をさぐった。他にいろんなものを探っていけば、たぶん同じところが出てくるはずです。そんなにそこに「神秘的な力が働いている」と考える必要はない。だけど人はそこに何かを感じ取っちゃう、っていうのがポイントなんです。」

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

なんていうか、もっと神秘的なものがあるんじゃないかと思ってましたが、非常にリアリティのある追求の仕方で、あまりそそられなかったとゆーか…。
ま、私がそういう偶然の一致にロマンみたいのを抱いていたからなのかもしれませんが。

シンクロニシティとかね。

でもそのシンクロニシティ自体も、意味のある という、その“意味”をどう見出すのかという話なワケで。

番組中にあった言葉で、

「人間は偶然に心理的な意味をつけたがる」
「ランダムであったり、ゆるくていいかげんなものに 心理的に耐えられない。」
「あいまいなのが 我慢ならない。」

この言葉は納得ですね。
理由を求めてしまいますね。私は。

前にも書いたかもしれませんが、こういうのは大体その事象が不服だから理由をつけて納得したい。という意思なんですけどね。
…不服じゃなくても、理由は求めてしまいますが。

『なんで“成立”するのか?』
というコトも疑問に思うことはありますが。


さておき。

リンカーンとケネディの共通点などについて挙げられたとき、たしかに共通するものは取り上げて、そうでないものは無いものと見なす。というのはありますね。
これは単純に『共感したい』というどの人間にも持っている共通の意思みたいなものを、色んなものに対して見つけたい っていう気持ちの表れなんじゃないか と思いますけどね。

好きな異性と趣味がかぶってた。嬉しい☆
(けど、年月を経て、価値観の相違で別れたりね。それは付き合う前から分かっていたけど、見ないことにしてた・気付かなかった、 ってだけでさ。)
みたいな。


確立について、数字のコトはよくわかりませんでした。
が、
そういう偶然みたいなものには、『なんか意味があるのかなぁ』と感慨にふけるのが人間として自然な作用なんじゃないですかねぇ。それに解釈をつけるのは個人だけのものですから。
関連記事
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

[2011/11/29 03:09] | 爆笑問題のニッポンの教養
トラックバック:(0) |

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: