FC2ブログ
GOLDEN ALBUM

ゴールデンボンバー 初のオリジナルフルアルバム『GOLDEN ALBUM』を聞きました。

いやね、当方、V系好きとしてはね、結構前からゴールデンボンバーというバンドの存在は知ってたんです。
ですけど、例に漏れず、『エアーバンドて!』なーんて思ってたんですね。
だから雑誌読んでてもスルーしてたんですよ。

変わったのは ROCK AND READ 037号で鬼龍院 翔のインタビューを読んで。
…もともとROCK AND READはCD買ってないバンドの人でもインタビューが面白ければ読んできてたんですが、同じようにキリショーのインタビューを読んで、感銘を受けたというか…。

その、『音楽宗教戦争だ!』っていう、その覚悟がね。
このインタビュー読んで私の中での評価が180度変わりましたよ。

ニコ動に上がってた“女々しくて”のPVも今までずっとスルーしてたんですけど、それを機に初めて見ましたし。
“酔わせてモヒート”の時には出演したカミスンでのO.A.も見て。

これは面白い! と。w
(ホント昨年の夏頃までは興味無かったのにね…(苦笑))

また、他のメンバーも演奏してなくてパフォーマンスのみだから、いつ切り捨てられるか分からない的なことも当然思ってたりとか、ROCK AND READ 039号では 歌広場 淳のインタビューがあって、キリショーに思うことが述べられてあったりとか。

そんな感じで興味が出てきたワケです。
今回のアルバムも 買う予定では無かったんですが、年末に年またぎで放送されたCDTVのスペシャルで、なんとトリに2曲演奏するという暴挙(←ぉ )を果たしたコトがダメ押しとなり買おう!と。

フラゲしてきましたよ。

で、アルバム感想。
1曲目のインスト…歌詞カードに別に言葉を添えなくても…。w

2曲目“デスメンタル”はアルバムの入口を飾る曲として心を掴みますわ。

6曲目“成龙很酷(読み:チェンロンヘンクー)”。先ず、歌詞見て吹いた。w
なんぞこれ…wwww

PVが公式に上げられてるというコトで、聞いてる途中でニコ動に飛んでPV見ましたわ。



…見たけど。うん。わからん。w
実にヒドいね。(褒め言葉)www

11曲目、“女々しくて -K-POPバージョン-”。
なんだか声がよく分からないエフェクトのかけ方をされておる…w
フールズのインタビューにもありましたが、ヒャダインさんのようにちゃんと加工してるワケでも無い…実に中途半端な…や、狙ってるんでしょうけど。w

8曲目、“今夜はトゥナイト”。
strateな日本語じゃない歌詞がパねぇッス!w
これ歌うのすげぇわ。つか覚えてカラオケで歌いたいわー。

10曲目、“今夜も眠れない(病的な意味で)”。
これ既発シングルのカップリングだったそうですが私は知らないんで初めて聞いたんですけど、この騒がしいのが大好きだ☆もぉ!w
“デスメンタル”もそうだったけど、キリショー作詞によるネガティブな言葉はすごく共感できるわー。
歌詞中に、某・らき○すたのOP歌詞で見たことあるような言葉が紛れてるんるー。

12曲目、“愛なんていらねいよ”。(ところでこの言葉の使い方、「いらないよ」じゃなくて「いらねいよ」とする表現ってどこが源流だったっけ。)
は、非常にポップな印象。
で、その流れでの、13曲目、“広がる世界”。
…これはいい曲。

本作、バラードも他に収録されてるけど、この曲は良い曲。澄んだ曲ですよ。
きっと本来はネガティブなのであろうキリショーさんが、自分の人生を真剣に問うたとき、思い残すことなく、悔いを残すことなく日々を過ごすためにしておいてほしいこと、そしてきっと実践されてるんでしょうね。

この曲の始まりの歌詞が。くしくも2012年、同じく世界が終わるんじゃないかともされてる年でもあるので、また昨年は日本で震災があったワケで…。…だからこその意味がある歌詞なんだと思うので。

いやー、ズルい。
途中さんざん楽しませる曲を用意しておいて、最後にこんな感動的な曲を持ってくるとわ。
豪華なアルバムですよ。
『GOLDEN ALBUM』という名前に相応しいアルバムですよ。


ところで初回Aタイプを買ったので、過去曲で聞いたことのない、知らない曲もやっと聴きました。
“†ザ・V系っぽい曲†”はワロタ。w
V系好きとしては、ね…。w



一昨日、カラオケ行って、“酔わせてモヒート”と“女々しくて”は歌ってきたけど、これを機にもっと歌覚えよう♪



関連記事
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:ヴィジュアル - ジャンル:音楽

[2012/01/04 08:29] | 音楽
トラックバック:(0) |

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: