FC2ブログ
Moran NEWシングル『L'oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)』を聞きました。

表題曲はSoan作曲ナンバー。2曲目“明日への剥離”、通常盤3曲目“ホログラム”はSizna作曲。

どの曲もアップテンポな曲ながら、表題曲の詞は人の生きるさま…求められる協調性を熱帯魚に喩えて。
窮屈に飾られる存在自体の煌きが、ただ生き辛く、けど、良 く 生 き て い る よ う に 見える錯覚。

『夏の蝉に似てるね』 というフレーズがどこか物悲しい。

2曲目は共依存であり、同属嫌悪でもあるような関係性かしら。
詞の最後にはそこからの自立するほうと、執着するほうに別れてるような感じでしょうか。

3曲目、曲調はこれもアップテンポでありながら、作曲Siznaでもあるからか前作『トリコロール』収録の“White Out”に曲は似てる印象を受けました。
ただ、メロディに対しての歌詞の乗り方が、歌いまわしが面白い。

また、詞自体も表題曲の“ロワゾ・ブルー”に共通するようなポイントもあるような。
『調和の中で流れを止めた水』とか、『型にはめる定義を覆す』とか、
そして『色を全て奪ってゆく』という。
並べられた調和の規律の中で、それを打ち破るのは規律に沿いながらも我を表す(露にする)好機を狙っているのか。

『MAD actor』という、春ツアーのタイトルが入った詞もあるので、重要な曲なんじゃないのかな。
何故かDVD付き限定盤には収録されてないとゆーコトだけど。こちらも収録されても良かったんじゃないかしら。

L’oiseau bleu(初回限定盤)L’oiseau bleu(初回限定盤)
(2012/01/11)
Moran

商品詳細を見る

L’oiseau bleuL’oiseau bleu
(2012/01/11)
Moran

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:ヴィジュアル - ジャンル:音楽

[2012/01/26 00:31] | Moran
トラックバック:(0) |

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: