FC2ブログ
今日、3月11日は友人の誕生日ですよ。

ヤツの誕生日は今までうろ覚えだったんですよ。後輩の誕生日がこの日の前後にあって、どっちだったかなー、って思ってて。
けど、3月11日 ってコトで 覚えてしまいましたよ。




あの日あの時間は仕事に向かう途中で、車のラジオで地震を知って。
で、帰ってからテレビ見て あまりの出来事にファンタジーかと思ったほどでしたね。
ずっとツイッター見てたりとかね。

この時期なので、テレビでも震災特番とかやってますけど、解決した問題もあれば一向に変化の無いものもあれば。
夜中にやってる、『サンドのぼんやり~ぬTV』で復興状況を見たりして。

私は別段、なにか出来るワケではありませんが。というより、自分自身のコトで精一杯なのですが。

あの日で、普段の日常が失われ、日常の大切さとかを想うようになったことも多く見受けられることと思いますが、別に震災という大きなことでなくても、
たとえば普段のニュースで見る災害とか事件とか そういうのに巻き込まれた方、被害に遭われた方もね、同じように日常を失われた方なのですけどね。たまたま今回の震災は、同じ境遇にみえる方が多くいらっしゃるだけで。…勿論、甚大な被害なのですが。

フツーの事件とかでもさ、どこどこの家庭の誰々ちゃんが巻き込まれて…っていうニュースやっててさ、そんで当たり前のように、そのコは次のイベントを楽しみにしていたのよ。とか、親族に故人を聞くとかいたたまれないですもの。

そりゃあ、この世は無常。常ならざるものなのですが、けど、不測の事態に、不慮の出来事に、何か支えが無いとツラい。それこそ、一度落ちたら元に戻れない なんて言いますもの。


なんていうか、誰もがその立場になるおそれがあるのに、安全な場所から不安を煽ったり無関心を装ったりするものでね。
心のケアだとか言いますけど、じゃあ 普段の心のありようはなんなんだろうか。と。


傍目から見てね、不幸ではなくても とても不安で、不安が不幸を招いているような。

仮に、予測不能の出来事があったとしても、
日々を安心して・平穏に過ごせる心持ちで。そんな状態でいれたらいいのだけどね。
そんな環境をつくれたらね。
関連記事
スポンサーサイト




[2012/03/11 00:28] | 日記・コラム・つぶやき
トラックバック:(0) |

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: