FC2ブログ
現在、キーボード試し打ち中。
あぁ、これは面白い。便利。文字がラクに打てるわー。如何に今までiPhoneでのケータイのような文字打ちに不便してきたかがよくわかる早さだ。

ただ難点は、記号のキーが表示してあるものと若干ズレてるのが問題というか、その度に前後キーで試してみたり、取説読んで確認して見ないといけない っていうね。
あぁ でも これは良いわぁ。 電池消耗だけ気にしながら丁寧に、大事に使っていきたいわ。

またこれ、パソコンと違って凡庸ワードが予測変換に入っているから文章の決定力が早い。
楽しいわぁ。キーボード打つの楽しい。

私の今の このキーボード打つ速度で、かつてあった タイピングソフトとかやってみたいわ。

や、それでも誤字とかミスタイプは確実に発生すると思うけどさ。
いいねぇ。反応が素晴らしい。
あ、でも「はんおう」と入れても「反応」にはならないのね。けど1回入力したから 予測変換では早い段階で出るのか。


◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

2012 07 02 キーボード


上記は、先日iphone用にと、Bluetooth接続で使えるキーボードを買って、その試し打ちにと、iphoneのメモに打ち込んだものです。


やー、iphoneはねぇ、ケータイのように文字打つのも大変だし、キーボード打ちするのも良いんだけど、いかんせん押したいキーとは別のところが反応してしまうので、なかなかサクサク打てないんですよ。だからiphoneで長文を打つ気にならないし。

で、キーボードを繋いでやってみたんですけど、すっごいラクでしたね。
買って、繋いだときにはとにかく文章をなんでもいいから打ちたい気持ちにないましたよ。新しいオモチャを手に入れて早速それで遊ぶような感じでね。

1個前のエントリも、iphoneからキーボードで打ったエントリなんですよ。

いやぁ、文字を打つのが楽しい。なんでもいいからとにかく思ってることをアウトプットしたい気持ちになりましたよ。
この前のトラックバックテーマで、タイピングの早さについてありましたけど、私、学生の頃も確かにそこそこ早かったかもしれませんけど、キーボードのほうばっか見てて、画面をあまり見ないで叩いてたんですね。

違うほうをブラインドかよ。w  と。(^^;


だからといって、今現在、本当にブラインドタッチ出来てるか って言ったらそんなコトも無いんですけどね。
ま、この前は仕事のときに紙に書かれた数字の羅列をパソコンに打ち込む作業をしてたんですけど、ずっと資料の紙ばっか見てて、画面もキーボードも見ないでずっとテンキーと方向キーばっか打ってましたね。

ミスタイプもありますからね。
つか、上にも書いたけど、予測変換とか、iphone(つかケータイ)で打ってるときは、固有名詞とかも反応するんだけど、こうしてパソコンでやってるとそうはいかないじゃないですか。
(『iphone』って打つときにも、『あいふぉん』ってやってもパソコンでやってるときは変換しませんからね。)

(パソコンでも…Windowsでも、単語登録をすればいいじゃないか って話ですけど、最初っから入ってるだけラクですからね。)


文字をアウトプットするのは楽しいですね。書くことが決まってると尚。

だからトラックバックテーマみたいに、何かお題さえあえば、よほど自分と縁遠いものでなければ、なにかしらネタさえあれば色んなところから引っ張ってきてダラダラ下らない文を並べることはできますね。
テーマに私なりに応えるだけですもの。


書くことに関しては、普段プライベートの日記をノートに手書きで毎日書いてるのでそっちはそっちで特に苦痛でも無いし、習慣づいてるので。

うーん、過去エントリにも書きましたけど、私ゃ喋るの苦手ですからね。
だからこそ書くことで気持ちを整理してる っていう単純な理由なんでしょうけどね。
書くこと自体に怠惰になって…えーと、厳密に言うと、iphoneの文字打ちがめんどくさかったので、音声認識のほうで文字を打ち込むべく声でやってみたんですけど、案の定書きたい単語が出てこなかったりね。orz

自分の言葉が相手に届くという満足の前に、自分の言葉が思ったように外に出せたかどうかによる自分自身の満足感みたいなもの。それが優先ですよ。えぇ。

相手に届くかどうか、ってコトは承認欲求みたいなもので ちょいと別問題だし。



自分の思ったことがアウトプットされるまでの時間の誤差・間隔が狭いほど、抱えてるものは軽くなるというかストレスフリーになれる感じですかね。

んー、ちょっと毒っぽいことを言うとですねー、なんでもかんでも自分の思ったことをすぐ口に出せる人とかもいるじゃないですか。これは主に否定的な意味で言われがちですけど。

「なんでもかんでも思ったことを口に出せばいいてもんじゃありません!」
みたいな。

でも空気を読んで、場を読んで、人の心を察して、押し込んで押し込んでいった言葉は澱のように溜まっていって精神的に疲弊しますからね。(“駄文 26”でも似たようなコト書いたかな。)


言葉を飲み込んで、溜めてしまう人。なかなか思いを言葉にして表出できない人はいるんです。私みたいに。(←ぉ

だからこそ表出方法とかですね、そういうのをうまく見つけてやっていければいいと。
私は勝手に思っているのです。


それがたまたま私は文字をこうして書くこと。キーボードを叩くことだった。というそれだけの話で。



……………ほぅら もう、もともと本来このエントリのタイトルがなんだったかも忘れて、文章があらぬ方向へと歪んでいって、長文になってしまいましたよ。と。w
脳内で思い浮かんだことに一喜一憂して、気分の浮き沈みがあるように、脳が描く心象景色は一瞬にして切り替わる。(このへんもっとうまい表現したかったな。)

(思い浮かんで切り替わるのは脳なのに、ダメージは心にきたりとか、このへんもよくわかんないよね。)

…というワケで長くなってきましたので、ここで打ち切ります。
それだけ文字をアウトプットするのは楽しい。と。このエントリでそれが伝わればこの脱線にも意味があるんじゃないですか。(笑)
関連記事
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

[2012/07/02 12:20] | 日記・コラム・つぶやき
トラックバック:(0) |

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: