FC2ブログ
『マギ 13巻』を読みました。

魔装VS魔装…究極の闘いが始まる!!

それぞれの目的の為にシンドリアを離れることを決めたアラジン達!!
別れの日が近づく中、残りの日々を惜しむ様に少年達は語り合う。
一方、シンドリア国王シンドバッドは、来るべき煌帝国との闘いに備え
着々と準備を進める。シンドバッドはシンドリアに駐留している煌帝国の
皇女、練紅玉にお互い魔装して戦ってみたいと持ちかけるが…!? (amazon内容紹介より)



今巻はこれから別々に旅立つ仲間とのこれまでを総括するポイントに当たるような気がしました。


前巻で、これからそれぞれの道に進むことを決心してた(少なくともアラジンは意思が強く。)ので、早速その道に進むのかと思ったら、その途中で起こった海賊の被害に遭ったトコから解放するために再び団結して立ち向かう。という。

過去のエピソード(回想)を途中で折り込みつつ…バルバッドでの出来事など、各自が体験した境遇などをフラッシュバックさせてるように。

それでこの海賊のラスボスが『母性』とは、よく出来てますよねー。

体感・体験してきた刷り込みからの脱却ですから。

この海賊エピソード自体が上記の通り、ある意味これまでの総括でもあるように、『母性』に立ち向かうっていう、自分のアイデンティティの根幹の一つでもある“無条件の愛情(敵ですからそれを利用してるんでしょうけど。)”に対して攻撃するようなものですから。
(しかも アラジン、アリババ、モルジアナ、白龍 ともにその辺りの感情や境遇が欠落してるから尚のこと。)

『母性愛』や『生存本能』という欲求を刺激する。 攻撃する。取り入れる。

…面白いなー、これ。

大聖母との戦いは13巻で決着してないけど、またこれ続きの気になる…。




別の部分の感想。

ドゥニャの死に至るところは1話ぶんまるまる使ってほしかった。。。
前巻の流れでいきなりなので(つか、サンデーでリアルタイムで読んでるだろう読者にしてみても)、あまりにいきなり死んでしまった感はあるのでは…。もうちょっと何かその経緯が。。。




紅玉がいいキャラになってきてる。
アリババとのフラグ立つのか?w
シンドバッドに対しては憧れからの恋の感情だったかもだけど、アリババとは近い距離にありそうで、この関係は良いほうになりそう。
シンドバッド自身は戦略的にしか見てないかもだけど、アリババは同じ目線で紅玉を見るだろうし、ってコトも加味してこの関係の今後が気になるね。





で、
13巻刊行前から話題に出てましたけど、やっぱりアニメ化!
来るだろうなと思ってましたが、枠がまさかの“日5”!!
(思わずツイッターにも書きましたけど、『絶園のテンペスト』がその枠でやってほしかったのはあるんですけどね。(『絶園のテンペスト』はボンズ制作だし。) 個人的にスクエニ(出版・漫画部門の。)贔屓してるので。『マギ』つか、大高先生もスクエニ出身だから、まぁそうなんだけど、ハガレン以降のガンガンが盛り上がってほしいなー、というのがあったので。)

A-1 Picturesだし、現時点で発表されてるイメージ画像も良いと思うので期待☆
連載中の作品だからオリジナル部分が加わるのは当然だろうけど、バルバッド編までは忠実にやってほしいなー、と思う。

マギ 13 (少年サンデーコミックス)マギ 13 (少年サンデーコミックス)
(2012/07/18)
大高 忍

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

[2012/08/08 00:14] | 漫画・アニメ
トラックバック:(0) |

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: