FC2ブログ

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「直したい『クセ』」です。直したい…と思っているけど無意識にやってしまう、クセ。そんなクセ、ありますか?私はどうもアレルギーがあるようで、春秋の季節、まさに今の時期ぐらいなのですが、鼻の頭がとても痒くなってしまいます本当は掻いたら良くないのをわかっているのでできるだけ掻かないように気をつけているつもりなのですが、あまり痒...
トラックバックテーマ 第1511回「直したい『クセ』」



トラックバックテーマの紹介文は非常になんかライトな感じがするのですが、
……どっちかというと拙稿カテゴリのほうが良いくらいの内容になると思うんですけど。

直したい『クセ』は、やっぱり『不幸癖』ですよね。

被害妄想に囚われたがるというか。常に被害者でいたがる というか。
それに始まって、明瞭ではない部分に対して過剰に恐れて、別に確信を得る手段なんてあるのにそれを選ぼうとしないような。

恐怖癖』にもなるのかな。
恐れることで、体面を保つというか。すごくちっちゃいですよね。


未知なものへの不安というよりか、確実にそこにあるものを、敢えて見ないようにしていることによって、わざわざ不安を感じたがる っていうか。

例で言うと、“自分自身の醜さ”とかね。
これもただ自虐的になるのとは意味が違って、自虐に陶酔することもだし、触れたくない・触れられたくない自分の内面を隠すために、わざと虚勢を張るような。

…何度か書いてますけどね。ネガティブなところに留まることによって自我を確立するというか。
ネガティブなことがアイデンティティだから、もはや無意識に不安や恐怖を選択してしまう、っていう。
(『少女ファイト 9巻』にもあったけどね。「まじめに嫌な気持ちを選ぶことはない」とかね。)


最近気付かされたのは、自分に自信が無いこと、自分で自分に対して、“なんの取り柄も無いと思ってること” も、これはそう思ってる自分の責任(?)っていうか。


あと今 私、すっごいだるいんですよ。倦怠感ハンパ無いんですけど(苦笑)、
こういうときに休んだり医者行ったりしないで、無茶を押すことがカッコいいと思ってたりね。
昨日の自転車のエントリじゃないけどさ。

これ、毎日アップしてんだよ。
こち亀ばりにストック用意してるからとかじゃなくて、ストック用意するために書いてるときもあるから殆ど書いてるんだよ。休んでないよ☆
……みたいな感じでですね(苦笑)、だるいのに無理してる感じ?

で、「あー、やべー、全然体調優れねぇわー、これ病気だわー。死ぬわー。」って思って 勝手に悲劇感じてるようなね。
そんなだるいなら、医者行けよ! 休めよ!と。 医者行って、何が不安なのか原因ハッキリさせてこい! みたいな。

…これ、上のと繋がりますよね。 何が原因で弱ってるのかを見もしないで・確認もしないで勝手にグチグチ言うようなね。
前にも書いたな、ほんとうの要求を隠して合理化(というか正当化。)することで、敢えて見えなくしてしまうような。(現状を正当化して、文句を言うだけで何もしないような。)

ほんとうに不安なのは、願ってるのは何なのか? っていうね。

で、そこで人間の『怠惰癖』も出てきて、固定化された価値観という“弱さを隠して合理的言動を<外>に対して取る”っていう、そういう傲慢さも顕れてくるんですよね。
思考のパターン化が悪いほうに使われちゃってるようなものですよね。


またこれを繰り返したら、悪いことになるには違いない。
でも、これを繰り返したら安心するから。

みたいなね。
あ、これ、同じ文脈で、ダイエットしたいのに過食が止まらない人 みたいな人にも同じこと言えるんじゃないでしょうかね。
習慣への安堵。それ自体が悪癖だとしても。



こんの『不幸癖』ホントどうにかしたいな。
生物学的に不安をわざと感じることによって、防衛本能を張って、危機管理能力を発揮して生き残るための『不安』っていうのはある程度必要だ。
…とも言えますけど、今の私は明らかに過剰。
危機管理しすぎて逆に重荷になって潰れる っていう。

だからといって、タガを思いっきり外してしまうのは真逆の方向へベクトル向けて破滅願望的でもあるしで。

結局は、『不安』を正しく認識できてないのが問題だと思うので。

ここをちょっとずつ 明らかにしていきたいですね。


…あーだるい。(苦笑)
関連記事
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:FC2トラックバックテーマ - ジャンル:ブログ

[2012/09/19 00:46] | FC2トラックバックテーマ
トラックバック:(0) |

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: