FC2ブログ
『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 公式コミックアンソロジー』を読みました。


もともと るろ剣のときから、和月先生は同人を肯定する発言をされてたと思うので、だからこうして公式のものが発刊できたんでしょうかね。
ジャンプ系の作品でこういう、明らかに同人テイストのが発刊されるなんてあんまり無いよねぇ。
『超こち亀』みたいなさ、寄稿イラストとかを1ページだけとかならあるけど。
あと他社ならね。スクエニや角川系ならある話だけどさ。


さて、では いけるとこからツッコミをば。

影木栄貴さんは初めて作品を見ましたね。
DAIGO(☆STARDUST)の、お姉ちゃんですよね? “踊る さんま御殿”でご本人をテレビで見て、種ガンでハァハァしてる発言は見てたのでw 腐属性だというコトは分かってたんですけど。
まぁそりゃ作風もストレートなものでしたね。(絵がね。)

高河ゆんさんは高河ゆんさんでした!

小島アジコさんは…! 実にらしいとゆーか。まさかブラボーを出すとわ!w
蒼紫ヒドイ…。なんて哀愁…w

大亜門先生は求められるものが分かってらっしゃるんでしょうね☆
『実戦本位』ワロタwwww
…つか、アンソロとはいえ“公式アンソロ”。ジャンプ作品のヒロインを脱がす展開とかすげぇな。w

柴田亜美先生はどうなるかと思いましたが、ドラクエ4コマ時代プラス、ドキばぐみたいなノリで。
4コマ3本の2ページだけでしたが、柴田先生の個性がじゅうぶん出てましたよ。

樋口大輔先生や、浅美裕子先生はなにより作品を読むのが久しぶりで。
(樋口先生は最近はずっと他誌ですが。)浅美先生なんてもぉ…いつぶりだか。
って、動物ネタというか、「ワイルドハーフやん!?」って先ず読み始めてツッコミましたけどね。(笑)


ミスフルの鈴木信也先生はまさかのエッセイ漫画。
…そんなに………大変だったんですか……。
これ、当時 和月組 っていったらそれこそ尾田先生や武井先生を輩出してたから、漫画家志望の人とかは「和月組に入りたい」って人が結構いたみたいでね。デビューもそうだけど、目次コメントのやりとりとかで楽しく見えたんでしょうね。
しかしこれ読むと180度逆の印象に変わりかねないとゆーか。鈴木先生目線だからかもしれませんけどね。。。


残念だったのは、矢吹先生や、かずはじめ先生が一枚でイラストだけだったこと。
とくに矢吹先生はねー。絵の雰囲気的に、『邪馬台幻想記』のような。
最近のTo Loveるみたいなエロコメのノリじゃなくて、シリアスな剣心の漫画を描いて頂きたかったなー。


一番良かったのが、やまぐちしんじ先生。
この方は正直 存じ上げなくて申し訳ないんですけど、…本書巻末の和月先生のインタビューは一切関係なく気に入りました。
薄墨で描かれてるのか、非常にあたたかいテイストで表情も柔らかくて。読後感がすごく良かったんです。
薫の表情の移り変わりがすごく可愛くて、短編なのに涙腺キますよ!
これはイイ!!☆

その巻末の和月先生インタビューの中で「アンソロジーはラブレター」ってあったけど、この やまぐちしんじ先生の作品なんてもぉ、まんま愛が溢れてますね。

こういうのは良いねぇ、うん。

るろうに剣心─明治剣客浪漫譚─ 公式コミックアンソロジー (ホームコミックス)るろうに剣心─明治剣客浪漫譚─ 公式コミックアンソロジー (ホームコミックス)
(2012/09/28)
不明

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

[2012/10/04 00:32] | 漫画・アニメ
トラックバック:(0) |

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: