FC2ブログ
島本和彦 著、『熱血時代~アオイホノオからの30年~』を読みました。

島本先生の画業30周年を記念してつくられたもの。
表紙にはこれまでの島本キャラが勢揃い。

個人的には『燃えよペン』からなんですよねぇ。そこからなので島本先生イコール炎尾先生 っていうのがどうしても思うところですよね。w
『逆境ナイン』も時期的に近かったからか、当時の友人と共にハマったりして、単行本を借りてね。そのあと私も小学館から出た新装版を購入しましたけど。


本書では作画当時のインタビュー・裏話をメインに、代表作の象徴的な回を収録していたりで、連載作品中の1話のみであるにも関わらず、『逆境ナイン』のぶっとび具合であったり、『炎の転校生』のぶっとび具合であったりというのは単発で見ても面白いもので。w

特に『炎の転校生』に関しては、ほかの作品がおそらくちゃんと原稿から収録したであろうにも関わらず、少年サンデー本誌からの転用のようで。(紛失したワケじゃないと思うんですけどね。文庫版も出てるので。)(だから原稿が粗く掲載されてます。)
ページ下に“少年サンデー”と入ってたり、ページ上部にタイトルロゴが入ってたり、
面白かったのが、柱のアオリ文も入ってたので良かった!
“公式”にこういうイジリをされてたんだな ってコトが伺えますww

パロディ作家だと島本先生が自称してらっしゃるので、面白くすることを常とされてますけど、担当さんがゴーサインを出すかどうか っていうのは担当さんによって異なるなど なかなか難しいのは年を経ても変わらないんですね…。
『新・吼えろペン』の最終回の経緯とかね。


逸話として面白かったのが『無謀キャプテン』!!
タイトルの理由がそのまんまかよ!! って読みながらツッコミしましたww
島本先生自身の環境のことかよ! とww



意外にと言うとアレですけど、結構密度が高く、島本先生のコメントもインタビュー部分のほか、作品一覧にも突っ込みが入ってたりで充実の内容でした。

私的に、読んでない中で読んでみたいのは『スカルマン』ですね。石ノ森先生の血も受け継いでる島本先生の本気っぷりが読んでみたいなぁ、っていうのがありますね。

熱血時代~アオイホノオからの30年~ (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)熱血時代~アオイホノオからの30年~ (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
(2012/11/12)
島本 和彦

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

[2013/02/19 00:08] | 漫画・アニメ
トラックバック:(0) |

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: