FC2ブログ
『アオイホノオ 10巻』を読みました。

漫画にアニメに革命を! 大注目第10巻!

時は1980年代初頭ー

近い将来、ひとかどの漫画家になってやろうともくろむ
焔燃(ホノオモユル)は、アニメ制作者としても
革命を起こしてやろうと野心をたぎらせていた!

そして芸大恒例の自主映画発表会にて、ついに!
彼の革命的(!?)アニメ作品が上映され…!?

熱血芸大生の七転八倒エレジー、
創作の深淵をかいまみせる第10巻!!(amazon内容紹介より)



・・・・・・・・・・・。。。。。
なんだかもうすいませんでした。そう思わざるを得ない。
むしろあの映像発表会を経て、また創作意欲に向かう熱量を持ってられるのがすごいというか。

あるんですよねー、ホントにねー…、
や…さぁ、、、そこそこ絵がキレイですよとか、丁寧に作品作りしましたね。とか。あるんですよ。そりゃ技術も重要やからね。けどね、
で?
っていう。
よくあるよくある。
言われた言われた。(私が。

評価されるのが『よく頑張ったな』とされるだけなんよねぇ。。。
ねぇ。。。


あとは“誰もがツッコミ側にまわりたがる”っていうか。それが安牌すぎてつまらなくなってるのか。
だから逆に昔のマンガ(アオイホノオ作中だとタイムリーになるのかしら)によくある荒唐無稽な展開で、読者が「え!?ww」って思うような そっちにシフトしてたほうが面白かったりするんかなぁ。
ツッコミされるのを恐れてるというか。
10巻は悲哀がハンパない…ww(←当事者体験があるとほんと笑えません。)





「3文字になってから、あだち充は調子がいい!」

そうなのか?w
つか、「クリスタル・ポエム」なんてキャッチコピー付いてたのかw

アオイホノオ 10 (ゲッサン少年サンデーコミックス)アオイホノオ 10 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
(2013/06/12)
島本 和彦

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト




FC2blog テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

[2013/06/21 00:13] | 漫画・アニメ
トラックバック:(0) |

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: