FC2ブログ

高屋奈月 著:『星は歌う 5 (花とゆめCOMICS)』読了。

花火大会についての話から、千広の過去話まで。

過去話が重い。
周りに合わせて自分を殺して。『独りぼっち』と勘づかれた辺りは、フルバの由希と被る感じもしましたが、桜は真知よりもとても脆い。
(『星は歌う』の感想なのに、『フルーツバスケット』と比較して申し訳ないが。)

救うコトで自分が救われる。
そんなコトも無く。
P.177あたりの病室で待つシーンは読んでて辛い。

自分の中にある、疑わしき想い、偽善じゃないかと思う自身を責めては救いを乞う。

そして自立(この場合“自律”も同意)しなければと振る舞うための、“外”と“内”の溝。

…これはサクヤに惹かれるのも無理も無い、けど、葛藤がまたあるワケで。
これからどうやって希望を見出して、受け容れていくんだろうか。

あー、6巻は9月ですかー…。

関連記事
スポンサーサイト




[2009/05/24 04:44] | 漫画・アニメ
トラックバック:(0)

フルーツバスケット
-
PING:
BLOG NAME
最近気になること


コメント:を閉じる▲

トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: