FC2ブログ

田辺イエロウ 著、『結界師 25 (少年サンデーコミックス)』読了。

『無想箱』そして、さらなる修行、『無想部屋』へ。また、裏会はさらに厄介なことに。

今回、主人公地味だったというか…。大切な話とか、大切な修行はしているんですが。

兄弟による、『わがまま』と『無茶』のやりとりは思わず噴きました。(笑)

氷浦にシャーペンを渡した時の、表情の変化が…や、作画上で、田辺先生が、表情のバリエーションの少ないキャラを、細かいパーツの描き方だけで印象が違うからすごいなー。

前の巻の時の感想にも書きましたけど、“無”をどういう意味で捉えて描いてるんだろう。
『無想箱』を壊した時に表われた、“純”に意味があるとしたら、単純に“雑念を絶つ”コトと捉えられるかもしれないけど、それだと氷浦のアドバイスとは違うような~…。

とのー☆ とのー☆

関連記事
スポンサーサイト




トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: