FC2ブログ

イシデ電 著、『月光橋はつこい銀座 (バーズコミックス)』を読みました。

『放浪息子』で あとがき描かれてあるのを見て(まぁ以前にも巻末に寄稿されてるのもありましたが)、
ウィキペディアで“イシデ電”先生の項目を見て、知らない連載作品があって、amazonで調べたら この本を買ってなかったコトに気付き、今更ですが購入しました。
(奥付の初版の日付は、2009.02.24.)

もともと 個人的にイシデ電先生の作品では『リアルワールド』が好きで、画力はもとより構成や表現力に圧倒されて 嫉妬した次第で。

で、本作品の感想ですが。

帯に『複雑にして単純明快』とありますが、ホントもう。

一喜したり、一憂したり。背伸びしたり。うんこ、うんこ言ったり。(笑)

まっすぐで、壁にもぶつかるけど、それでもまっすぐで。

第4話の…P.122 あたりは涙腺にキましたね。

少し前にIKKIでイシデ電先生の読切を読みましたけど、また連載を読みたいですね。

月光橋はつこい銀座 (バーズコミックス) Book 月光橋はつこい銀座 (バーズコミックス)

著者:イシデ 電
販売元:幻冬舎コミックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

関連記事
スポンサーサイト




トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: