FC2ブログ

完結巻。

松井優征 著、『魔人探偵脳噛ネウロ 23 (ジャンプコミックス)』を読みました。

“シックス”との戦いの決着。そして後日談。

物語としては佳境なのに、ネウロのSっぷりや、細かいネタなどは変わらず、楽しめました。

いやー、良い作品です。
人間の“核”たる部分を、ネガティブの方にもポジティブの方にも追及し、最後にはちゃんと希望を提示するという。
なによりネウロ自身が希望を持っていると見られましたし。

あと、個人的に『ネウロ』も読んでて悔しい作品ですね。
表現が巧いですし。セリフとか見せ方とか。…羨ましい。

本編中や、作者コメントを含め、感謝に満ちた最終巻でした。
松井先生 お疲れ様でした。
ありがとうございました☆

関連記事
スポンサーサイト




トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: