FC2ブログ

高屋 奈月 著、『星は歌う 6 (花とゆめCOMICS)』を読みました。

今巻はユーリが大活躍な感じ。なんというか、ユーリかわいいですね。(笑)
葵の家でフツーに馴染んでる姿とか。コミュニケーション上手というか、人徳があるのか。

そして見どころは、聖かな と。
今まで殆ど突っ張ってた姿しか見せてなかったけど、ちょっとずつ開いていってますね。

個人的に その 聖が“謝る”とこが。
『謝ることが“大人”ってわけじゃないけど』ってありますけど、大人になると形式的に謝るコトは出来ても、素直に謝るコトってしづらいのよねぇ。
このままだと『居心地悪い』ってあります、確かにモヤモヤしたりするんですよねー。

…や、『星は歌う』 の感想とは違って、私事なんだけど、私も最近 迷惑かけたコトがあって。だけど、謝らなきゃいけないのに、私に完全に非があるわけじゃないのに…とか思ったりしてね。
で、丁度この6巻読んで。
…。と。
そして なんとか別の方に相談したりして、やっと謝れたんですね。
たぶん、“謝ること”に関して『星は歌う』で触れてるコトは大したコトじゃないかもしれないんだけど、けど私の近況とリンクして後押ししてくれました。

ありがとうございます。

こういうさり気ないトコが琴線に触れるから、高屋奈月作品は素敵なんですよね~。

Book 星は歌う 6 (花とゆめCOMICS)

著者:高屋 奈月
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

関連記事
スポンサーサイト




トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: