FC2ブログ

“『DIR EN GREY:激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇』を聞いた。”
DIR EN GREY、『激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇』を聞きました。

表題曲のこの曲は相変わらず強靱的な曲ではあるものの、サビのメロディの良さが光り、聞き易く感じました。

そして『残』。CDでーた のインタビューで「表題曲にしてもよかった」と誰かが答えてたと思うんだけども。さらなる進化をし、今のDIR EN GREYを表していると思う。
そういえば少し前にバンド名を変えて(というか当時のツアータイトルの略称)、かなり狭いハコで『残』を演奏したコトがあったハズだけど、その時はどうだったんだろう。

『蝕紅 (Shot In One Take)』は、あぁそういえばこんな曲だったなぁ…なんて…。
声の印象がこの曲だけ異なるものに感じました。

今回はジャケットからメンバーの写真が…、ってコトで発売前からBARKSでも記事になってましたけど、DIR EN GREYにしてみたら何も周りの声など気にせずに、このまま突進んでいくんでしょうけどね。

激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇 Music 激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇

アーティスト:DIR EN GREY
販売元:FIREWALL DIV.
発売日:2009/12/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

関連記事
スポンサーサイト




[2009/12/13 02:43] | 音楽
トラックバック:(0) |

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: