FC2ブログ

あの、『鋼の錬金術師』の作者 荒川 弘による、百姓エッセイ。
百姓貴族 (ウィングス・コミックス・デラックス) (WINGS COMICS)』を読みました。

上京するまでは北海道で家業の酪農をずっとやっていたコトは、これまでのインタビューで知ってましたけど、ここまでフル稼働とわ…。

日本の食料自給率の問題などに鋭くツッコミを入れたり、生後一度も立てない仔牛のその後など。現実のあれこれを深く考えさせる一方、
搾乳の様子や農業高校での生活をコミカルに描かれてあって、大変面白く読めます。
荒川先生自身が空手をやっているシーンや、骨折しまくっても不死身の親父殿とか…。(笑) …だから“お父様”は偉大なのかしら。

あと、私事で余談ですが、ウチも米をやってる農家なので、本書にも触れられてあった“生産調整”…、減反について、やっぱりありまして。
ただこれが市場で沢山出るからその価格の為とか。…土地があるなら作ればいい、 っていうコトだけでなく、輸入量との調整もあったりするから、この辺りはなんともわからないトコではありますが。

百姓に興味がある方もない方も、お読み頂いたら宜しいかと。
女性編集さんとのやりとりも面白いです。

百姓貴族 (ウィングス・コミックス・デラックス) (WINGS COMICS) Book 百姓貴族 (ウィングス・コミックス・デラックス) (WINGS COMICS)

著者:荒川 弘
販売元:新書館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

関連記事
スポンサーサイト




[2009/12/17 01:42] | 漫画・アニメ
トラックバック:(0) |

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: