FC2ブログ

ブログ学園

“実用書(ハウツー、ビジネスなど)”を選択したんですが、“随筆・エッセイ”とも迷うんですよね。

結局は生き方の指針となるものだと思うので、大きく捉えると実用書もエッセイも同意義のものだと思うんですね。

例えば私は松下幸之助の『人生心得帖』を読んだんですが、これは言ってしまえばビジネス書だと思うんですが、松下氏の人生経験を経て、今まで生きてきた中で大切なコトを綴った……、日記みたいな? …という意味で言うとエッセイでもあると思うので。

『読むべきオススメの本は?』というお題ですが、先人の知慧を学ぶ というコトが出来るのならなんでも良いと思います。

諸行無常…永遠不変なものなど無いと言いますが、人間の本質・根幹と云うものは文明が発達しても何も変わらない。機械とかが発達して人間は進化したんだとか、能力的にはそうかもしれませんが“人間”としては果たしてどうか。

という意味で、私が読んだ中でオススメするとしたら、阿久悠:『清らかな厭世―言葉を失くした日本人へ』、松下幸之助:『人生心得帖 (PHP文庫)』を推薦します。

ブログネタ: 【ブログ学園】『大人として読むべきオススメの本は?』参加数拍手

関連記事
スポンサーサイト




[2010/03/20 12:43] | コネタマ
トラックバック:(0) |

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: