FC2ブログ

上手い…ですよね。その独特の“痛み”の表現の仕方が。

村上かつら 著、『淀川ベルトコンベア・ガール 1 (ビッグ コミックス)』を購入。読みました。

出てるコト知らなくて、本屋にて見かけて購入しました。

優しさが詰まった あったかい感じの『ラッキー』とは違って、過去作にあったような 村上かつら先生独特の“痛み”。
優しさと残酷さが同居する 良作です。

読んでると、視点が那子視点で。

“ここにこのまま
 そっと
 取っておきたい。”

これが すごく分かる。

3・4話も、展開が読んでる途中で予想がついていって、かよちゃんの『行ってはいけない』に“そうそう!やめときな!”って思いますわ。
そこで最終的に福井の友達が助けてくれたりね。

さいしょは都合のいい“それ”になってもいいと思った。
ほやけど…

…という そこには、かよちゃんのほんとうの“強さ”があるな と。

ま、それの根本にはかよちゃんの近くに居る工場の人…スミ江さんとか那子さんとかが優しいんだろうし、かよちゃんに優しくしたい気持ちを起こさせるのかな。

収録話の最後が次巻に続くので、どう修復するのか――…。気になるところです。

また、あとがきも興味深かったです。

現実の、現代の社会が変わって、物語の設定が2003年に描かれたベースの作品とは 異なる印象を持つようになった。と。
村上かつら先生の作品制作のバックボーンも含めて、
価値を問う
。というコトについても、楽しみにしつつ。

淀川ベルトコンベア・ガール 1 (ビッグ コミックス) Book 淀川ベルトコンベア・ガール 1 (ビッグ コミックス)

著者:村上 かつら
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

関連記事
スポンサーサイト




[2010/04/30 12:25] | 漫画・アニメ
トラックバック:(0) |

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: