FC2ブログ

バクマン。 9 (ジャンプコミックス) (9巻)』を読みました。

…展開が早いッ……。

タントでの連載を勝ち取って、しかし原作のギャグ・ネタ出しに苦しむシュージン。

そして新妻エイジのライバル宣言を受けて 自ら連載を打ち切りに申し出る。……

そんな中でもやっぱり、新妻エイジの存在が面白いです。

漫画バカではありながらも、面白いものの為に、亜城木のために協力したりする姿勢とか。2本連載が福田組のやる気にさせてるところなど、漫画が好きだし、面白い漫画を描こうとする人を後押ししたり。

「文句があるなら 僕より面白いマンガ描いてから言ってください。」

「僕は描きたいから描くんです」

パーティーでも「マンガ描くのが楽しいんです」とかね。

自信も覚悟も 気持ちも乗っかってるから良いやね。

それは今巻ラストで 亜城木が打ち切りを申し出たのもね。期待を受けての、自覚と覚悟を以って。誰の所為にもできない マンガが面白いかどうかは作家自身にかかってるから、合う・合わないを自覚して 自分の気持ちをそこに乗せて 描いていかないといけないんだろうねぇ。

あと、山久編集が静河流のトコへ通い続け、ただ関わりに行く姿は良かった。結果的に静河流が自分から踏み出す決意をしたから。

亜城木が本意ではなく始めたギャグ漫画を自ら切るコトと、今まで否定され続けてきた(であろう)引きこもりの静河流が踏み出したコト。

それが同時に展開してて面白かったですわ。

バクマン。 9 (ジャンプコミックス) Book バクマン。 9 (ジャンプコミックス)

著者:小畑 健
販売元:集英社
発売日:2010/08/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

関連記事
スポンサーサイト




[2010/08/05 09:11] | 漫画・アニメ
トラックバック:(0) |

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: