FC2ブログ

結界師 30 (少年サンデーコミックス)』を読みました。

母・守美子が来て、ともに烏森城へ。そして お殿様を連れ出して烏森の地から出るコトに――…。

学校が舞台のバトルもの、というか、学校が舞台という現代劇に 異質なものが介入する…というファンタジーは、学校ありきだから楽しいと思ってて…。

巻末あとがきによると、舞台を烏森から移すことは前から考えてらしたそうですが…。

ちょっと楽しみが減る感じかも。

ま、本誌を読んでないので、どう転がるかは存じませんが。

なんとなく、今 学校を舞台としたもの、で『東京アンダーグラウンド』とか『武装錬金』とか思いついたんだけど、戦うパートナーとか、仲間が 次の舞台に一緒に行ってほしいなー、と。

たとえ戦力不足でも、守る戦いになるし、仲間のパワーアップにもなるし。ベタだけどさ。

せめて時音と影宮は付いていってほしいなー、と。
…本誌でどうなってるか知りませんけどね。(苦笑)

まぁ まだ氷浦のコトがあるから影宮はまた出て来ると思うけど。
この前『小日向海流』の感想でも書いたけどヒロインには出てほしいからね。

年上で且つ、背の高い幼馴染みって重要ですよ!

なにかを謀ってる新たな敵キャラとの展開もあれですが、
時音が再登場するコトを待ってます。

結界師 30 (少年サンデーコミックス) Book 結界師 30 (少年サンデーコミックス)

著者:田辺 イエロウ
販売元:小学館
発売日:2010/08/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

関連記事
スポンサーサイト




[2010/08/27 12:33] | 漫画・アニメ
トラックバック:(0) |

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: