FC2ブログ
遠藤達哉 著、『月華美刃 1 (ジャンプコミックス)』を読みました。

本作は短編集『四方遊戯』にも収録されている、著者2作目の同名読切のリメイク。

前作の『TISTA』が暗くて重い空気の漂う作品だったため(個人的には暗くて重い作品も結構好きなのですが…。)、短期に連載が終わってしまいましたが。
(ジャンプSQ.の著者インタビュー“モノガタリ”でも、暗くなってしまう傾向がある とか書かれてあったようなー…)

なので内容も 主人公の内面の葛藤はあるものの、おバカな感じに勢いで突っ走ってる感じもアリで、楽しく読めます。
(というかこの方は『WITCH CRAZE』以外の読切は全部、おバカな感じの主人公ばかりだったからねぇ)

まだまだ内容としてはこれからなのですが、残酷な描写はあるものの、遊び心溢れる表現など魅せるものがある作品なので、長く楽しみたいです。
色んな表情(カオ)を見せる主人公は読んでても面白いわー。
関連記事
スポンサーサイト




[2010/09/16 02:46] | 漫画・アニメ
トラックバック:(0) |

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: