FC2ブログ

空手小公子 小日向海流(41) (ヤングマガジンコミックス) (41巻)』を読みました。

とうとう小日向の復活試合が始まったけど、相手は黒い取引をしているため、試合自体よりもそことどう対峙する羽目になるのか と思ってましたが。

尾嶋さんがそれを気にかけて知らせに来たりとか、濱田さんも分かってて試合を組んでるなら まぁ、いいのか というか。 一線を超えたら許さないとしているのならそれはそれでキレた濱田さんも見てみたい気もしますが。(笑)

小日向の純粋さと相手サイドの黒さの対立みたいな感じにもなってますが、トンチャイを慕ってるヤスが相手サイドにもいるから、白vs黒みたいな単純な構図ではなく、グレーゾーンをどう表現してくるかも試合以外の部分で気になるトコです。

試合自体は今のトコ小日向がペース。器用に色々な人をコピー出来るからこそ、欠点もあるし、それが混ざるコトにも期待しているというのは面白いですね。

賭けでわざとトンチャイ自身が大穴になるように演出してた流れなので、次巻はガチの試合になりそうですね。

空手小公子 小日向海流(41) (ヤングマガジンコミックス) Book 空手小公子 小日向海流(41) (ヤングマガジンコミックス)

著者:馬場 康誌
販売元:講談社
発売日:2010/11/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

関連記事
スポンサーサイト




[2010/11/15 12:08] | 漫画・アニメ
トラックバック:(0) |

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: