FC2ブログ

DIR EN GREYの新曲、『LOTUS』を聞きました。


非常にメロディアスな曲。

泥の沼に浮かぶ花。蓮。=LOTUS。

サビでのハイトーンな京さんの旋律が泣きを誘うものでもあり、優しさを持った唄かと。



しかし、この曲の終わり方、「何を信じるのか」。

アルバム制作中ともあるため、前作『激しさと~』などを孕んだ、攻撃的なナンバーの中でのアクセント的な役割となる曲かもしれないため アルバムでのこの曲の立ち位置に期待。


c/wは先ず『OBSCURE』の新録。 音はシンプルに研ぎ澄まされた印象ではあるけど、それ故にヴォーカルの載り方の感じから凶騒としている力が前に出てるような。



もう一つのc/wが『冷血なりせば』のライブテイク。

こちらは特に原曲と印象が異なるワケでもなく、最近映像見たのでそれを思い浮かべながら楽しく聞けました。(笑)


DVDはライブ映像。

『逆上堪能ケロイドミルク』が久々! つか懐かしく感じました。



アルバムは『UROBOROS』を経て、インタビューによると「聴きにくい」ものになるそうで。まだまだ、わからないですね。


[リンク] ナタリー DIR EN GREY:LOTUS 薫 インタビュー

LOTUS(初回生産限定盤)(DVD付) Music LOTUS(初回生産限定盤)(DVD付)

アーティスト:DIR EN GREY
販売元:フリーウィル
発売日:2011/01/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

LOTUS Music LOTUS

アーティスト:DIR EN GREY
販売元:フリーウィル
発売日:2011/01/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する


関連記事
スポンサーサイト




[2011/02/03 12:10] | 音楽
トラックバック:(0) |

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: