FC2ブログ
“『ONE PIECE 61巻』読了。”
『ONE PIECE 61巻』を読みました。

「16点鐘」で記事にした意図から舞台は2年後へ。そしてシャボンディ諸島にて『麦わらの一味』再集結。



発売前にネットに上がってた通り、表紙は単行本一巻と同じ構図。
再開時の 第598話扉絵が第1話と同じ構図でもあり。
…このカットが初お披露目された時は胸熱でしたね。



ハンコックに見送られるトコでセリフにありましたけど、『さよなら』って今まで「誰にも言ったことねぇよ!」でしたか。
確かにいつも『またな!』みたいなセリフばっかりだったようなー…。


再会後、出発をするまでに関わってた人たちが助けてくれたりとか。
(デュバルに)「お前 意外と義理堅いんだな」(by サンジ)
…じゃないですけど、ヘラクレスンとか、“くま”とかetc…、そういう色んな人が助けてくれてる。
みんな、『麦わらの一味』に関わる人、義理と人情に厚いですね。こういうの見てて良いよね。
エースを助ける時もそういう時あったけど。


2年を経たあとのキャラデザがラフで載ってましたけど、ロビンはラフに載ってたヤツの方が綺麗なお姉さんって感じがして良かったなー…。
ナミさんは髪伸びたんだから色々な髪型してほしい…。


間のHDKのコーナーで尾田先生の言葉にありましたけど、『描いてみたい島がある』っていうのは、色々変わった造形のキャラや“現象”とかが描きたいんだろうなー。なんて思ったり。

そういった意味ではもっと変態を描きたい!というコトですね! そら巻末にあった、矢尾さんと遊びに行きたくなるやね。(笑)



画像は書店特典のしおりと、スタンプラリーとやらの台紙。これは毎週本屋に行くべきということかな。
関連記事
スポンサーサイト




[2011/02/04 07:38] | 漫画・アニメ
トラックバック:(0) |

コミック日記59:ONE PIECE 61 by尾田 栄一郎
-
PING:
BLOG NAME
タイトル:ONE PIECE 61 作者:尾田 栄一郎 出版元:集英社 その他: あらすじ



-
- ルフィからのメッセージを読み取り、来るべき時に備える“麦わらの一味。それぞれの想いを胸に、再結集するルフィ達は、「新世界」へ…...


コメント:を閉じる▲

コメント:
この記事へのコメント:
コミック日記59:ONE PIECE 61 by尾田 栄一郎
PING:
BLOG NAME
タイトル:ONE PIECE 61 作者:尾田 栄一郎 出版元:集英社 その他: あらすじ
2011/02/05(Sat) 22:28 | URL  |  #79D/WHSg[ 編集]
- ルフィからのメッセージを読み取り、来るべき時に備える“麦わらの一味。それぞれの想いを胸に、再結集するルフィ達は、「新世界」へ…...
1970/01/01(Thu) 09:00 | URL  |  #79D/WHSg[ 編集]
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: