FC2ブログ

Plastic Tree NEWアルバム、『アンモナイト』を聞きました。

1曲1曲が個性を持っているものの、アルバムとして聞いても、まさにプラ という1枚。

シューゲイザーでぐるぐるとうなる1曲目、“Thirteenth Friday” から巡っていく。

気になった曲は先ず、5曲目“雪月花”。 詞の雰囲気的に有村さんが作詞したのかと思ったら、なんとケンケンさん!
儚くも 四季を映した、情景の浮かぶ詞に、有村さんのメロディが。 ときに激しくもあるが切ない。

次に8曲目の“デュエット”。その前の曲の“アリア”も引っ掛かりましたが、“デュエット”はもぉ、なんじゃこりゃ?と。(笑) そしてクレジットを見たらナカヤマアキラさんで。あぁ。(納得) と。(笑) 
メロディとかリズムとかが跳ねる狂う。歌詞もカオティックで妖しげな世界全開だしで。
曲のアウトロも、ぎゅるぎゅると うねる、回る。これはライブパフォーマンスが面白いことになりそうな雰囲気だわ。w


そして、“さびしんぼう”から“ブルーバック”は有村さん退院後に作られたもの、というコトで、その印象が強い。
特に“さびしんぼう”は顕著。
ひとりの寂しさとか、孤独というものは 分かってはいるけれども 寂しい。

『~こゝろの形は残ってほしい~』というフレーズは ひとりでも誰かの記憶には居てほしい という願いでしょうか。アコースティックな曲がさらに物憂げな様子を映し出す。



初回DVDは、“Thirteenth Friday”のPVとドキュメント。
ドキュメントは…もうちょっとなー。うーん。

アンモナイト Music アンモナイト

アーティスト:Plastic Tree
販売元:徳間ジャパンコミュニケーションズ
発売日:2011/04/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する


アンモナイト(初回限定盤)(DVD付) Music アンモナイト(初回限定盤)(DVD付)

アーティスト:Plastic Tree
販売元:徳間ジャパンコミュニケーションズ
発売日:2011/04/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

関連記事
スポンサーサイト




[2011/04/16 12:46] | 音楽
トラックバック:(0) |

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: