FC2ブログ

超級! 機動武闘伝Gガンダム (4) (角川コミックス・エース 16-11) (4巻)』を読みました。

ドモンの過去話。東方不敗との修行と、そこから戻ってきたあとのカッシュ家の有り様。
そしてネオ京都でのガンダムファイトの決着…!


過去話はヘヴィな内容で、ドモンは終始 怒りの状態でしたね。
リングアナが言うように、それぞれの思惑が異なる中での展開で、ミカムラ博士やカラト委員長の考えがどう絡みあっていくか。と。


前半の7話はどこか冗長のようにも感じてしまいましたが(というか島本節ともいえるギャグ要素とでも言うのでしょうか…)、
後半の8話で、レインがピンチになってからの展開は、いつもの島本作品にある熱さとは、また違った熱さがあってカッコよかったですね。

次巻はネオメキシコ。

超級! 機動武闘伝Gガンダム (4) (角川コミックス・エース 16-11) Book 超級! 機動武闘伝Gガンダム (4) (角川コミックス・エース 16-11)

著者:島本 和彦
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

関連記事
スポンサーサイト




[2011/05/01 12:04] | 漫画・アニメ
トラックバック:(0) |

コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: