FC2ブログ
2012.01.19.O.A.(2012.01.23.夜中再放送)
爆問学問 FILE171:「君はシリアスゲームを知っているか?」を見ました。

古市昌一(ふるいちまさかず)日本大学生産工学部数理情報工学科メディアデザインラボ教授。

番組中でやった、紹介されたゲームは以下。メモ。↓

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

・フードフォース:WFP(国連世界食糧計画)が、食糧支援の実態を知ってもらうために制作・公開したゲーム。

・ワールド・ウィズアウト・オイル:石油が枯渇した世界でどう生きるか。生活をどう送るか。8ヶ月間を予測。

・『地元選出議員の経費を調べよう』
 同じものを2度買う理由。e.t.c...
 28人の議員を辞職に追い込む実績。

学生がつくった協調性を養うゲーム、
・ライン ホッケー。2人一緒にタッチパネルに触れることでラインが1秒間発生し、それでホッケーをする。

古市:「ゲームで勝った負けたではなく、協調性が生まれる。」


・AR桃太郎
 幼児教育ゲーム。朗読に合わせてキャラクターを動かす。


・パイレーツ・オブ・ソマリア:ソマリア沖での海賊掃討作戦。指揮官の意思決定訓練。
 発砲は威嚇射撃のみ。プレイヤーは自分目線のみ。太田が海賊役。田中が防衛側。
 1回目はあっさりと海賊を包囲することが出来たけど、田中防衛役が海賊に発砲してしまいアウト。
 2回目は太田海賊に田中が撃たれてアウト。



・グローバル・コンフリクト
 ウガンダの児童労働。パレスチナでの報道。

・ダルフール・イズ・ダイイング:スーダンが舞台。難民キャンプから水汲みへ、武装集団に見つからないよう。
 つかまると悲惨な現実が分かる。

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

以下が番組HPの対談内容からコピペ。↓

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

古市:「ゲームというと、どちらかというと日本では遊びのためのもの。で、できれば子どもたちにゲームをやらせたくないなって思っているお母さん方が一般的だと思うんですけど。何でもかんでもいい悪いっていうよりも、むしろ目的を持ってそれを使うっていうところが重要なんじゃないかなと思います。」

太田:「だからゲームばかりやっていて、人とあまり接せない人のためのゲームってどうだろう。コミュニケーションを訓練するゲームっていうか。」

古市:「何か人とコミュニケートしないと、そのゲームが進行しないようにすれば、おそらくいいわけですよね。」
太田:「でももう人とコミュニケーションしなくても、もうゲームとして成立しちゃっていればそこでいいじゃないですか。」
古市:「駄目です駄目です。それはむしろ反対ですよね。エンターテインメントのゲームは、そういった問題点を今備えているわけですよね。要するに、外とのコミュニケート、人との社会とのつながり。それが実現出来なければ、私が考えるシリアスゲームではない、それはシリアスじゃない。」

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●



ゲーム自体は面白いと思いましたよ。
爆笑の2人がやってた海賊のそれなんて、メタルギアっぽいような感じだし。
現実にどう影響を与えるか…現実のものを どれだけ架空のシミュレーションを通して学ぶことができるか?…というコトに関しては、果たしてどうかな?というのはあります。

学生さんたちが作ったというコトで紹介されたゲームよりかは、VTRのみで紹介されたゲームの方が実践向けのような気もしますし。
また、実際に現実をゲームでシミュレートしても、実 際 に 現 実 と し て 体 感 し な い と 分 か ら な い というのはどうしても出てくることだと思うので。
それはゲームだけにあらず、どんなことであっても、仕事とかにしても、体感する空気とか実感とかに触れてみることで経験地が積み重なっていくものだと思うので。

議員の経費を調べよう ってのは一番実践向けでしたよね。(実際に実績があったから という理由に限らずですけど。)

で、このゲームを通して、体感として学ぶことに個人の感覚としての差異があったとしても、当事者意識を少しでも持つことが出来れば、それは一つの経験として成果かなと思うわね。

最後に紹介された、武装集団がどこかにいる中、子どもが水汲みに行くヤツとかね。
見つかったら連れてかれる っていう映像まで見ると勉強になるハズだし。
…けど、見つかった時点で「アカンわー」ってなって、リセット押したり電源抜いてやり直し! ってなってゲームオーバー後の映像見なかったら勉強にならないってコトだよねぇ…。(苦笑)

FC2blog テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

[2012/01/25 00:06] | 爆笑問題のニッポンの教養
トラックバック:(0) |
2012.01.12.O.A. (再放送 2012.01.16.夜中)

FILE170:「免疫力!アップダウンクイズ」を見ました。

奥村康(おくむらこう)免疫学・順天堂大学特任教授。


先ず、以下 HPの番組内容をコピペ。↓

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

奥村:「声を出して笑うだけで、(免疫細胞の)ナチュラルキラー活性って上がるんです。笑っているときって、人は何も考えていないです。頭が白くなる。それが非常に大事なんですが、逆に笑わせる方は、結構ストレスなんです。」
田中:「我々の仕事はまさにそうですね。」
太田:「そっか、じゃあ笑わせようとしていうるのにウケないっていう状況が一番、どっちにとっても最悪。」
田中:「客も我々も両方ストレスがたまって(笑)。」
太田:「あんなストレスはないよね。確かに分かる気がするな。」

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

また、以下が番組見ながらのメモ。↓

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

Vacca 雌牛 ワクチン Vaccine 語源。
牛痘 天然痘予防。  

自然免疫 獲得免疫


インフルエンザを予防接種する理由
→やればやるほど効果があるから。(1年しか持たないこともあるし、ウイルスの形が変わることもある。)

獲得免疫が一番強いのは何歳の頃。
→年齢を問わない。ワクチンによる予防はいくつになっても有効

獲得免疫が苦手な敵は?
→ニキビ。
ニキビは『菌』 大きな菌には免疫はバカになっていて効かない。


健康な人の場合一日で何個のガン細胞ができる?
→5000コ

人間の体は一日一兆個の細胞が分裂している。

ナチュラルキラー細胞。ガン細胞をやっつけている。



おまわりさん(自然免疫)で対処できないときは軍隊(獲得免疫)が出てくる。その境目は。
年齢の影響を受ける。

もう一つは日内変動。ナチュラルキラー細胞は夜が苦手。
特に 22:00~02:00 は活動量が低下。
田中:「昼間寝て 夜働くというのを何十年も続けている人がいるじゃないですか。」
奥村:「リズムが 昼寝て夜起きるという。続いていればそれは全然問題ないです。リズムを壊しちゃうのがダメ。」


一番免疫力があるのは?
→電車通勤してるサラリーマン

適度な運動がいい。過度な運動では運動をしていないときに免疫力が急低下する。
爆笑問題の知り合いの構成作家も元格闘家なのによく風邪をひいている。


免疫力が下がるのは?
→受験勉強をしているとき。
精神的なストレスに非常に弱い。ナチュラルキラー活性が下がる。

精神的に弱ってるときに、元気なのがそばにいたら影響を受けて下がってしまう。

『笑う門には免疫力』

免疫学的にオススメのメニューは?
→オムライス+ステーキ+サラダ
野菜だけではかえって免疫力が低下する。
コレステロールが低い人は発ガン率が高い。

奥村:「頭がいい人はスケベである。100%」

免疫力アップに効果的な食べ物は?
→ヨーグルト。
免疫細胞の7割は腸に集中。
乳酸菌の種類によって効果はさまざま。

R-1乳酸菌、L-カゼイシロタ株 は ウイルスからのガードなど。
LGG乳酸菌 は アトピー予防など。

1日200gが理想。


クイズに多く正解した田中にしょうが紅茶。
体温が上がると免疫力も上がる。

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

免疫力を高める って、カンタンに言えば規則正しい生活してれば問題無い というコトなんでしょうか。
でも、どれだけ健康に気をつけていても、病気になるときはなるワケなので。。。つか、自 分 の 中 で の『規則正しい生活』というのが慢心からなるもので、そこから健康的な生活からズレていくことも考えられるのかしら。

ストレスなど、精神的に弱ってるときにも影響するようですし。
外面的な体のメンテが出来ていても、内面のほうが弱ってしまえば、それはトータルで健康を損なってしまう。

HPの爆笑問題の対談後感想にもありましたけど、バランスなのでしょうね。

FC2blog テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

[2012/01/21 00:10] | 爆笑問題のニッポンの教養
トラックバック:(0) |
2011.12.08.O.A. (再放送 2011.12.12.夜中)

爆問学問 FILE169:「歌ヘタ脱出大作戦♪」を見ました。

ゲスト
村尾忠廣(むらおただひろ) : 帝塚山大学(てづかやまだいがく)現代生活学部こども学科教授。愛知教育大学名誉教授(音楽教育学・認知音楽学)

先ずは以下、HPから番組内容をコピペ。↓

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

太田:「(1980年代以降の男性歌手のヒット曲のキーの高さが)女性に近付いてきてるね。」
村尾:「(キーが)女性と近いんです。例えば僕なんかは、60年代に青春を過ごした。60年代っていうのは、「低音ブーム」で、フランク永井とか、水原弘とか。低音時代に青春を過ごした人は、今の若者の歌が歌えないのは当たり前で。」

太田:「ビートルズとかの影響もかなりあるでしょう。要するに外国から洋楽が、ポップスが入ってきて、みんなフォークからロックに変わっていったじゃないですか。」
村尾:「欧米でも同じように(流行歌の)キーが高くなってきてる。確かに影響はあるだろうけど、影響という意味ではもう一つ別な点で影響があるんです。リズム。」
太田:「英語が途中に入るようになってから、メロディと歌詞の関係性がどんどん離れていった?」

村尾:「もっと重要なことは、昔は歌詞が先にあってそれに作曲していたの。
それが今、「メロ先」っていうんです。メロディを作って、後から歌詞なんです。  太田さん作詞の“We are SMAP!”。あれはメロ先ですか?」
太田:「メロ先です。」
村尾:「あれ、メロ先なんですか?!」

太田:「あれ難しかったの。言葉を当てるのが、もうパズルですよ。」
村尾:「非常に言葉がうまく(メロディーに)入っているんで、これは絶対歌詞が先だと思っていた。」
太田:「メロディをもらうんですよ、(作曲家の)久石譲から。それで、全部(音符を)1回「タ」で打ったんです。で、いくつあるかなって数えて、そこに言葉を当てて。もう本当にね、メロディー渡されても出来るわけないじゃん、て思ったから」

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

男だからとか、女だからとか っていう違いで それがあるのかは分かりませんでしたが、のけぞるように歌ったり、かがむように歌ったりする っていう特徴は意識して今まで見てなかったですね。
ひとえに腹筋に力を入れてるんだな っていうことに繋がって 納得なんですけど。

男性の高音域の歌が増えたのもそうですね。
例としてVTRにあった、ゆずの岩沢さんとか声高いけど、あの声じゃないとゆずじゃないし っていうのはありますし。
…ただ、フツーの人にはその声が出せないんですが。
ボカロも原曲キーでカラオケ歌うのは難解だしね。

当方、V系好きですが、V系アーティストのVo.さんも、最近は高音が出る人多いですからねぇ。
『CRUSH!』の第1弾でも顕著だったけど、摩天楼オペラの苑さんとか、NoGoDの団長とか。

メロディーと歌詞の関係も最近よく見る傾向で。
リズムが複雑だったり、歌詞とメロディーがズレてるのもね。
曲先行で歌詞があと、って大半のアーティストがそうなのかしら。

昔は歌詞先行とか、低音の男性ボーカルが多かったとわ。へぇ。

さておき、番組中で紹介された、太田さん作詞による、“We are SMAP!”を、この爆問学問で初めて知ったんだけど、なにこれすごい曲!
久石譲さんの壮大な曲も良いし、太田さんのロマン溢れる歌詞も良いし。
…且つ、番組中で言われてた、歌詞とメロディーもはまってて、曲先行で歌詞をあてたとかすごいわ。



あー、カラオケ行きたいな。

FC2blog テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

[2011/12/14 00:02] | 爆笑問題のニッポンの教養
トラックバック:(0) |
2011.11.24.O.A.(再放送2011.11.28. 夜中)

爆問学問 ・ FILE168:「UNSOLVED #2 “ありえない偶然”はなぜ起こる?」を見ました。

菊池聡(きくちさとる)・信州大学人文学部准教授。認知心理学。

以下、HPから番組内容をコピペ。↓

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

菊池:「例えば私と太田さん、どっちも埼玉の出身ですわな。」
太田:「え!」
菊池:「私は深谷ですけどね。」
太田:「深谷?俺は上福岡です。運命的だ!」
田中:「ぜんぜん運命的じゃないでしょ。橋本さんはどこの出身ですか?」
橋本:「滋賀です。でも、私の祖父は深谷出身です。」
太田:「マジで?」
田中:「それすごいね。」
菊池:「今たまたま出身地をさぐった。他にいろんなものを探っていけば、たぶん同じところが出てくるはずです。そんなにそこに「神秘的な力が働いている」と考える必要はない。だけど人はそこに何かを感じ取っちゃう、っていうのがポイントなんです。」

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

なんていうか、もっと神秘的なものがあるんじゃないかと思ってましたが、非常にリアリティのある追求の仕方で、あまりそそられなかったとゆーか…。
ま、私がそういう偶然の一致にロマンみたいのを抱いていたからなのかもしれませんが。

シンクロニシティとかね。

でもそのシンクロニシティ自体も、意味のある という、その“意味”をどう見出すのかという話なワケで。

番組中にあった言葉で、

「人間は偶然に心理的な意味をつけたがる」
「ランダムであったり、ゆるくていいかげんなものに 心理的に耐えられない。」
「あいまいなのが 我慢ならない。」

この言葉は納得ですね。
理由を求めてしまいますね。私は。

前にも書いたかもしれませんが、こういうのは大体その事象が不服だから理由をつけて納得したい。という意思なんですけどね。
…不服じゃなくても、理由は求めてしまいますが。

『なんで“成立”するのか?』
というコトも疑問に思うことはありますが。


さておき。

リンカーンとケネディの共通点などについて挙げられたとき、たしかに共通するものは取り上げて、そうでないものは無いものと見なす。というのはありますね。
これは単純に『共感したい』というどの人間にも持っている共通の意思みたいなものを、色んなものに対して見つけたい っていう気持ちの表れなんじゃないか と思いますけどね。

好きな異性と趣味がかぶってた。嬉しい☆
(けど、年月を経て、価値観の相違で別れたりね。それは付き合う前から分かっていたけど、見ないことにしてた・気付かなかった、 ってだけでさ。)
みたいな。


確立について、数字のコトはよくわかりませんでした。
が、
そういう偶然みたいなものには、『なんか意味があるのかなぁ』と感慨にふけるのが人間として自然な作用なんじゃないですかねぇ。それに解釈をつけるのは個人だけのものですから。

FC2blog テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

[2011/11/29 03:09] | 爆笑問題のニッポンの教養
トラックバック:(0) |
2011.11.17.O.A. (2011.11.21.夜中 再放送)

爆問学問 FILE167:「新企画 UNSOLVED #1 地球外生命の姿とは?」を見ました。

ゲストは、
井田茂(いだしげる)・東京工業大学理学部地球惑星科学科教授。

長沼毅(ながぬまたけし)・広島大学准教授(極限生物学)

遠藤秀紀(えんどうひでき)・東京大学総合研究博物館教授(遺体科学)


先ずは以下、番組HPから対談内容をコピペ。↓

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎


太田:「(宇宙で発見される生命体が)バクテリアでも驚くよ。十分驚くけど、うーん。 もうちょっと何かあの、高等生物であってほしいというか。」
田中:「そうなんだよな。」

太田:「UFOっていうのは何ですごいかっていうと、あいつら、地球より進んでいるじゃねえかと。向こうからこっちに来るんだからっていうさ、それがいるっていうことに何かワクワクするっていうか。だから怖いし。」

遠藤:「僕のやっている解剖の学問って、レオナルド・ダ・ヴィンチを思い出すとわかると思うんですけど、常に形の美しさとか、形のかっこよさ、そういうのを見ながら、それが楽しくて仕事をしているところがあって。必ずしもね、物理学的条件の中でどうのこうの、というだけの感性でやる学問でもないんですね。だから、地球外であっても少しでも複雑なものに出会えないかなっていうのはね、やっぱり心の奥底に期待としてあるんです。」
太田:「向こうの方が進んでいてほしいよね。」

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

また、以下に番組見てのメモを。↓

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

2010年12月 NASAが 生物に必須なリンが無くても生きていられる生物を発見。その生物は生物には有害なヒ素を取り込んでいる。

長沼:「生物・生命の制約が1個外れた。」
田中:「空気がないから…とか――――…。」

-196℃で凍らせても、レンジでチンしても大丈夫なクマムシとか。


NASAが考えた 地球外生命体の予測生物が 地球ベースすぎている。


遠藤:「クラゲは口を肛門が同じ。入口と出口が同じだけでロマンティック。」

長沼:「ものを食べる ってのは 生命体の根本。」


遠藤:「その人間が生きているバックグラウンドが発想に影響する。」

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


新企画で、地球外生命体だなんていう企画なので、どんなのかと、正直、微妙なんじゃないかと、と見る前は思ってましたが、意外に面白かったです。

というか、対談後感想で 田中氏も言ってるように、遠藤先生の発想が面白かったです。

途中の、レンジでチンするとかいう生物とか。過去の爆問学問の放送には、ぐちゃぐちゃにしたナマコが再生するとか、ミミズの器官の有無についてとか色々ありましたから、それらを踏まえると、
今の人間が思い浮かべる、所謂、荒唐無稽な生物、っていうものが、既存の生物ベース・既存の生存条件ベースでしか無い …っていうのが予想の範疇を狭めている っていうのがわかりますね。

だからといって、白紙で回答して、『目視できないくらい小さいかもしれないし、また逆に大きすぎるかもしれない』というのは、ちょっと…。と思いますが。(笑)

“生物に必要な器官が要らなくても生きていけるかもしれない。
酸素や太陽の光が無くても生きていけるかもしれない。”

…というのであるならば、既に人間が目視出来てないだけで、既に存在しているのかもしれない。…とも考えられなくも無いワケですよね。
けど、それだとさっきの白紙の話と同じで、非常につまらない話なので。

どうにか目視できる。っていうこととかね、
交流というか、調査・研究というか、見識を深められるような対象であってほしいですね。

発想の枠を外す。という意味では面白かったです。

しかし、太田さんはこういうの好きなハズなんですけどね。『既存をぶっ壊す』みたいのは。
けど なかなかその枠を外した発想というのは難儀なんでしょうか。。。(それとも敢えて あんなサラリーマン的なのを描いてボケたのか…w)

FC2blog テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

[2011/11/22 03:37] | 爆笑問題のニッポンの教養
トラックバック:(0) |