FC2ブログ
出会いの場に馳せ参じたら出合うキッカケなんていうのはまったく無為に等しいのかなんなのか。

というか目的が友達目的なのか、長く付き合う恋人目的なのか、ヤリ捨て相手探してるのか それだけでも違うし。
その場を仲良くやってる っていう空間が“作られてる”ことが違和感ハンパ無いワケよ。

会話中のその終始張り付いた笑顔。
一定の緊張感を保って線を引いてるのが伝わるんだってばww


まぁ、それは私もそうだよな っていうのは否めないんですが、
(私の場合、“探ってる”っていうのがデカイのかな。空気かなり読むからな。)
それでもなにかキッカケが欲しくてその場に来たんじゃね?とも。


好きな趣味が同じでたまたま趣味のために集まってる集団と、好きな趣味を口実に仲良くなることを目的に集まった集団では 目的が違うよね。当たり前だけど。

さらに言うと、趣味の中が細分化されすぎていて、ジャンルでひと括りなんて出来るものでもないし。好きな趣味の対象は神格化されてるから、他人の解釈なんて知りたくもないし押し付けられたくも無い っていうのはあるんでしょうね。
…ネットとかでの批評記事ならいいんですよ。読み解くのは読んでるほうだから。ただそれを直接言われると「うへぇ」「めんどくせぇ」って思うのよね。


門戸は広くても、中に入ったら素人だらけで拍子抜け、っていうのもあれば、
中に入ったら猛者だらけでズタボロっていうコトもある。
丁度いいとこなんて無いよね。…や、あるんかもしれないけど、タイミングというか相性というか。

いやー、実に薄っぺらい。
そしてもう一つ、丁度いい“重さ”が実に難しい。

分かり易く言うと本音を出すことが重い人だと思われてドン引きされたり、浮ついたコト話す人が軽い人だとドン引きされたり。
それは相手次第で全然内容も印象も異なるものだからサジ加減が毎回異なる。


ありのままの自分でいい?
求めてるありのままの姿人によって違うんですよ☆


うーん。
楽しんでることで楽しめる人が羨ましい…って書くと皮肉になってしまうかな。
ずっと蚊帳の外にいる私の視点だから冷めてしまってるだけなんでしょうね。はいはいそうですね。

FC2blog テーマ:どうでもいい話 - ジャンル:日記

[2013/08/21 00:39] | 駄文
トラックバック:(0) |
前日エントリのちょっとした続き。

音楽プロデューサーの佐久間正英さんのスキルス胃ガンの報道・及び佐久間さんのブログを読んで、そうやって寿命を覚悟して粛々とやりたいことを・やるべきことをされてる姿はすげぇなぁと。(普通に。)



先日。EXILE ATSUSHIが、瀬戸内寂聴さんと対談した番組を見て、やりたいことをやる って大切だよ 的な当たり前の話。





私信。
最近仕事してるとすっごい嫌気がしてならないのよ。
くっだらない人の言うこと聞いて“労働力”に徹している自分がバカに見えるのよねぇ。
社会的体裁とお金のためだけに生きてるだけで。ただ生きてるだけ過ぎて、すっごく毎日がつまらない。

だから“人は物”だとか言い続けてるし、暴力や権力やお金のある人が牛耳っている、アウシュビッツ強制収容所にいつまでも庶民は入れられているんですよ。
と、
何度も書いてるんだけどね。



仕事に縛られない生活が出来るなら、お金に縛られない生活ができるなら、表現活動するか旅に出るかだよやっぱ。

そしてそれが出来なくて、運すら実力で人の引き合う力も必要で、それに巡り合えないまま それが弱さとして消されていくばかりなら サクサク死んでしまったほうが自然界の“淘汰”っぽくて実にいいね。
生きるコトが全てだと美談を言うなら全ての生命を尊く扱えというのにそうでも無いんだからイチイチ嘘くせぇ。

命も尊厳も捨てて駒を量産するだけの知性しか無いような人に虐げられるならさっさとあの世からゲラゲラ笑うほうがどれだけ豊かかとね。


…というやりたいこともやれない日々を送りながら毒が積もる日々。
\チャンチャン♪/

FC2blog テーマ:雑記 - ジャンル:日記

[2013/08/18 00:07] | 駄文
トラックバック:(0) |
[外部リンク] : 『ブログは「言いたいことがない人は生き残らない」』(ARTIFACT@ハテナ系)

どちらかというと、このリンク先記事のメイン記事よりも、下にあるブクマ・コメントのほうが共感しやすいものでもあるのだけど。

また所謂『ブログ論』みたいなエントリやけど。

まぁ、そもそも“生き残る”ってコトの定義とかね。
アルファブロガーであり続けることが生き残るコトっていうんでしょうかねぇ。
ブログは続けてるけど、アクセス数いってなかったら死んでるのと同じなんでしょうかね。
他者評価が全てになるんですかね。

でも 同じような内容でもアクセス数とかブクマ数とかが違ったりするのもあるワケですよ。
これが結局知名度の違いになったりとか、どのエントリが先に上がってたかとか。
実際、内容が全てでは無いと思いますよ。印象の違い。


んで、
私がブログを続けてるのはそれは一応『言いたいことがあるから』がゆえなんだけど。
それと同時に「言いたいことが伝わってる感じがしない」ことがあるんですよね。
それはアクセス数も理由ではあるんだけど、私の中でデトックス感が無いというか。昇華されていってる感じが全くしないんですよ。
だから言いたいこと っていうのはずっと繰り返してるような気もしますし。

ああ、こうやって『ブログ論』みたいな記事にまたツッコミを入れてるのも同じようなことですよね。
手を変え品を変え。同じ様なことを繰り返し主張していく。
のは、
伝わってないから。変わってないから だと思うので。


テキストサイトをずっとやってきた人、黎明期からずっとブログやってきた人…そんな人たちが、
「ブログいいよ!」
なんて言ってもそこで感じるものは千差万別。

吐き出すことでスッキリはしても吐瀉物が引っかかったような状態がいつまでも抜けないような気持ち悪さをずっと抱えてるようなもの。
…それが私はずっと続いてるんですよ。

私のエントリは意味のありそうなエントリや、どうでもいいエントリを交えつつ、とにかく毎日上げることだけはなんとかやってるものです。続けることをモチベーションにしつつ。たまにエグイの書きたいし。
「続けてるんだ!」って気持ちが無いと続けてらんないです。ただでさえ最近ダラダラしてるので。


ところでリンク先メイン記事にあった言葉で、

「ブログが続く=幸せとは限らない」という意外と言われない視点が!(笑)


ってのがあったんだけど。

私7月末に『ひらめき☆マンガ学校』三学期1日目@ゲンロンカフェに行ってきたんだけど、たしか表現活動と幸福感みたいな内容にも触れてたんですよ。
そこで『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い(ワタモテ)』の作者の谷川イッコさん(作品はお2人の共同P.N.“谷川ニコ”。イッコさんは原作担当。)がいらしてて、所謂メディアミックスして150万部売れた作家さんだけど、そこで西島先生だったかさやわか先生だったかが、
「イッコさんは幸せだと思いますか?」
という質問が出て挙手が全然上がらなかった っていう。(笑)
(「打ち切りになる心配はなくなった」とだけイッコさんは仰ってましたが。)



やりたいことやれたら幸せになれるとも思えないし。言いたいこと言えたら引っ掛かりが取れるかと言ったらそうでもないし。共感をもってもらえたら嬉しいけど、それだけでは満足しなものでしょうし。

“毒をもって毒を制す”じゃあありませんけど、言いたいことがなくならない 特に非リア充な私みたいな人はとにかく毒を吐き続けるしかない。
有名になるとそれだけで叩かれるコトもあるんだろうけど。仮に有名になっても冷遇されてた頃の気持ちは癒えるワケぁ無ぇんですよ。(久保能町聞いてるとこのへんよく感じる。勝手に。)

とりあえず言いたいことはなくなりませんから、なにかしら言い続けていくと思いますよ私。


(ひら☆マン3学期初日のレポートはまた後日。)

FC2blog テーマ:雑記 - ジャンル:日記

[2013/08/17 00:07] | 駄文
トラックバック:(0) |
[外部リンク] : 『「うちら」の世界』(24時間残念営業)

社会って人によって作られてる…人が社会を作ってる って言うから、SNSみたいに社会が区切られていっるところではそりゃあ相容れないだろう。
…と思ったけど、それはどこにでもある村社会だな と思ったのでなんとも言えなくなりましたとさ。

そんで一つの社会の“円”は色んな“円”と重なってるから、自分の把握してる社会の領域の外に自然と広まる場合があるもんね。

広島の16歳の殺人もそうだけど、山口県の村八分のも同じような印象。

「うちら悪くねーし!」

っていうのは広島の16歳の捕まった子が悲劇のヒロインぶったメッセージをLINEにしてるのがそうだし。
山口のほうは「ケンカで鋭利なものが当たった。よくあることです。(^^)」みたいのとかさ。


年齢もあるだろうし、地域差もあるだろうし。ネットに限った問題じゃないでしょうし。
前科をブランドにするような人もいるやん。
「昔は悪かったんやでぇ(ドヤァ 」
ってさ。それを誇らしげに言う人いるやん。元ヤンで今は真面目に家族持ってとかさ。
ネットに冷蔵庫入った画像を上げるのも同じやと思うし。

それを誇らしく思う人の集まりか、否定的な感情を抱く人の集まりか、と。

あー、過去にあびる優が万引きして店潰した話をテレビでした ってのあったやんね。
きっとあれもさ、あびる優は芸能人じゃないフツーの友達同士間のコミュニティでは、
「潰しちゃったよねーw マジウケルーww」
程度だったんじゃないの? それをテレビで言ったからああなったんでしょうし。



……まぁ、明確に犯罪に抵触する…もしくはそれに近いものでなくてもさ…。

結局自分の価値観、自分の所属してる“価値観集団の湖”に無意識に浸かってしまってて、その水に濡れた状態のまま別の集団に行こうとしてるの見つかったら「濡れてるやないか 来るな!」と言われるような?
ズブ濡れでも許されてた社会と、乾かないと許さない社会があるから。





いえね、私がずっと思ってたのは…客商売経験があるがゆえだけど。
世の中にはヲタもいればヤンキーもいれば、若いのもいればお年寄りもいれば、健常者もいれば障害者もいれば障害に見えない特定疾患の人もいる。いろんな人がいるワケなんよね。色んな性格の人がいることを前提としてさ。

そんだけ色んな人がいるんやから、自分の価値観だけで生きていくなんて不可能のハズやのに、自分の価値観が正道だと思って揺るがない人がいる ってのが理解できないんよね。
それこそ小さな村に閉じこもったままの人なんやろうなー くらいにしか思えなくて、かといってどう相互許容できうるかなんて考え付かないんですけどね。


ちなみに私自身の価値観も他人とは違ってて、けど適応しようと“頑張って”きたのよ。それゆえに色んな人に合わせすぎてたら“他者の価値観の至高”ばかりを強く受けすぎてそれを守りすぎるあまり、メンタル的におかしくなってしまったんですけどね☆

許すことも 許されることもどっちも大事よねー。

FC2blog テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

[2013/08/15 00:28] | 駄文
トラックバック:(0) |
[外部リンク] : 『山口県周南市集落の5人殺害事件、周辺住民の嫌がらせが怖い』(NAVERまとめ)


(一応、これが正しいとしたうえで。)


閉鎖的な空間において、その小さな集団でのルールに沿わなかった人を仲間外れにして、嫌がらせをする というのは学校の教室だけの話じゃないものでー。

教室の中でなんとなく変わった人を見つけては、その人に嫌がらせをする。
無視であったり、暴力であったり、物を盗ったり・隠したり。
それが終わるのは、イジメられてた生徒が登校拒否になる・引きこもる。また、引っ越したり、自殺したり。はたまた嫌がらせが度を越して殺してしまったときだけ。
あとはイジメしてるほうが飽きるまで。嫌がらせの対象になる人がなんとなく変更されるのを堪える。ぐらい。


さて、自殺までいってしまったときに、いつもの常套句。
「命は大事にしましょう!」
「いじめはしてはいけません!」

wwwwwwww

ちょ!待てよ!(キムタk

この2つはぞれぞれ別個。命を賭して いじめを終結させたのに。

何故、いじめをしてはいけないかというと、自殺や殺人に至ってはいけないから ってだけじゃないの?

「ウチの学校にいじめはありません!」
(「死に至るような 人を責め立てる行為はありません!」)
『いじめはあるかもしれないけど、死人が出るような状況にならなければいいだろう?』

『やるならうまくやれよ。死なない程度にな。』
…ってか。どこの893ですか。

そうしてうまく切り抜けた、いじめてた人は言う。「オレも昔は悪かった。(ドヤァ 」






はい、
翻って最初に上げた、山口県の集落の記事。
親の介護のために田舎に戻ってきた今回の事件の加害者は、リンク先記事によると、草刈り機燃やされたり。住民との口論の中で、今回の被害者の一人から刺されたとか。

完全な村八分だよねー。

「いじめというか いろんなことがあったみたいです」(記事より)

今回の事件の加害者は、介護が終わったら村を出れば良かったのか。
町おこしを考えてたり、ほかの住民より若いということで色々手伝ったりしてたようだけど。溶け込めず。


加害者が引っ越せば、ここまでにはならなかったのでしょうかね。でも次に田舎に誰か若いのが来て、村の慣習に倣わなかったら、またいじめみたいのが始まったのかなぁ。
この事件が表面化したのも、加害者がこれまで被害を受けてたのを殺してくれたお陰で明るみになったようなものだしな。


んで、表題ですよ。
いじめなんて何処でも起きますよ。きっとね。それはどんな環境でも。
学校だろうが、地域だろうが、職場だろうが。
でも、いつもいじめがダメだとか言うのは大概死人出てからで。それから『いのちだいじに』とか言うワケでしょや。
なんで『いのちだいじに』しなきゃいけないかの理由もわからないような大人ばっかやのにね。

合わない人を、“大きな声”で抑圧したり・攻撃を加えて責めて、責めていくことで、いつまでも自分の立場を肯定し続ける。いじめは肯定され続ける。
肯定されて然るべきなのを諦めるしかない。

死に至らないように、うまいこと逃げていこう。
死による解決は便利すぎて繰り返す。
死なせないように起きていたいじめは いじめ被害者が死ぬことによって解決するけど、いじめ気質自体はなくならない。
かつての被害者が報復行為をしても同じコト。
それでも「いじめはよくないよ」とかw「自殺や殺人はよくないよ」とかw

ほんとうに、自身の生き方も 他人への生きることを願うことも下手な人ばかりや。

FC2blog テーマ:雑記 - ジャンル:日記

[2013/08/01 04:28] | 駄文
トラックバック:(0) |