FC2ブログ
夜の時間はぼくのもの。

2012 03 04 night walking toy soldiers.


amber grisライブDVD『night walking toy soldiers.』を見ました。

昨年の9月、東名阪で行われた同タイトルワンマンツアーの東京・Shibuya-O-WEST公演をパッケージ。

amber grisはライブで見たい見たいと思っていながら未だに行けてないのですが。。。

もともと 手鞠氏を、Ruvie時代から見てることがキッカケでamber grisを追っかけてるようになったのです。
(先日のamber grisフランス公演でも、手鞠氏のブログにて フランスでサイン会やったときに、「『某バンドR』の『世界の終わり』を持ってきた人がいた。」という記述がありましたけどね。(笑))

Ruvie時代は、解散前の主催ツアーとラストライブを見ただけで、当時から思ってたことなんだけど、手鞠氏をもっと広い会場で見たい、とゆーのはずっと思ってたことで。

で、amber grisのアルバム『pomander』の収録曲“feel me”のPVを見て、『もっと広い空間での演奏シーンが見たかった』とも私は思ったもので。
(過去ログに書いてなかったっけなぁ。)

で、
このライブDVDである。
ステージ脇の赤いカーテン然りでもあるのですが、劇場っぽいというか。
オープニングSEから、ステージでボーカルレスで演奏が順に始まっていく、という点から、もぉ、「持っていかれた!」感じです。(笑。何も練成してません。)

“ライブ”というより、これは“ショウ”でした。(語感的に、“ショー”に非ず。)
音源を聞いているだけで、非常に音像が浮かぶ、情景が浮かぶバンドなんですが、それはライブでも健在でした。
手鞠氏の感情の込め方もそうなんですがね。
(そういった点では、9GOATS BLACK OUTのライブでも似たような印象を持ちましたけどね。9GOATSのライブは過去に行ったコトありますけど。)
一つの物語が紡がれているような。

そして楽器陣の安定ぶり。
コーラスはwayne氏がメインで取ってたんですね。演奏時の佇まいもメンバーそれぞれ個性が表われてて良いですね。

ボーカルのうしろだからこそ、ラミ氏がよく映るんだけど、ラミ氏の笑顔を見ると 見てるこちらも思わず笑みがこぼれるもので。

MCにて 手鞠氏が夜の時間について、毛布にくるまって云々~のくだりは、納得というか聞いててニヤニヤ。(笑)
公演終了のときに、カーテンでステージを閉じていくのも、これが音楽公演としてのライブではなく、舞台劇で それが終わりを表すもののように見て取れました。

秘めた光を描いた、美しいライブ(分かりやすい美しさでは無いけれども)DVDでした。

ああぁ、ライブ行きたい。。。

FC2blog テーマ:ヴィジュアル - ジャンル:音楽

[2012/03/04 00:41] | amber gris
トラックバック:(0) |
2012 02 08 フラニーはご機嫌斜め  an Fade


amber gris オフィシャル限定シングル、『フラニーはご機嫌斜め / an Fade』を聞きました。

こちらもやっとレビュー書きます!

本来はクリスマス前に受け付けてたもので、私も漏れなく。
なので、特製ボックス仕様にアーティストフォト、そして 私の名前入りポストカード付きですよ☆

さて、表題曲。先ずは“フラニーはご機嫌斜め”のほうですが、単純にこの曲のメロディが素晴らしい。
疾走感のある曲…なんというか、駆けていくような感じやね。

相変わらず 情景が浮かぶ。
ショーウインドウの並ぶ店の街並み、レンガブロックで造られた道が浮かぶ。
セピア調の色合いの空間の中に、店の軒下で佇んでは、映るガラスに 出来事を思い返すような。

…そんなイメージが ざーって出てきましたよ。
憂鬱な表情が、この歌の最後では口角が上がって小さく笑みを浮かべてるような。
小さな物語が描かれてる。そんな曲。

2曲目。“an Fade” 。静かな曲。
クリスマスっぽいというか、聖なるものに 祈り、捧ぐような。

タイトルの“an Fade”ですが、訳したら、“漸移(ぜんい)”と言うそうな。
“漸移”で検索したらこちらが出たので、『うつろいゆくさま』を示してるのでしょうか。

歌詞と曲自体の雰囲気からは、聖なる感じ…キリスト教的? なのかもしれないけど、言葉…タイトルの意味と、歌詞の内容からだと、仏教的(?)ですよね。
無常 っていうか。
歌詞の内容で言うと、
『愚者は身と身を寄せて、賢者は獣の皮を剥いだ。』
と、そして、
『かくも儚き』
…という部分がね。

歌詞の前半では、自然物がただ単語を並べて表されてあり、それも自然のうつろいであり、『愚者は-』のくだりの辺りは、人は常ならざるものという、救いの部分も表現されてるのでしょうか。

ところで、amber grisのメンバーはフランス・パリでのライブを終えたようで。(現地での2月4日?)
いーなー、すごいなー。

FC2blog テーマ:ヴィジュアル - ジャンル:音楽

[2012/02/08 00:17] | amber gris
トラックバック:(0) |
amber gris、1stフルアルバム、『pomander』を聞きました。

2012 02 02 pomander


…とはいえ、半年前に発売されたものでして、そしてオフィシャルで出た当時にすぐ購入し、ずっと聞いてましたけど、レヴューとしてはまだ書いてませんでしたので、ここに ようやく。

曲解説冊子、『hollow sound』も購入し、曲制作の背景なども読んだのですが、

2012 02 02 hollow sound


先ずこれ、限定盤Aタイプと称されるものと、CD盤のみBタイプとでは、曲順が異なるのですね。

CDに付いてる帯の曲目順は、アルファベット順表記になってるだけで、CD開いて歌詞カード最初で曲順が書いてありまして。


当方はAタイプを購入したのでその順に。

1曲目、“in sickness and in health...”  意味は『健やかなるときも、病めるときも…』という結婚式のそれ だそうです。
単純に、1曲目らしい感じだと思います。はじまりの音を告げる。強い決意のようなもの。
音も聖堂で鳴るような、パイプオルガンのような音が響く感じ? …この音はギターシンセだそうですが。
解説本では『PIERROTの潤くんだ』とありましたけど、ラーだった私としてはどこかニヤリとも。

2曲目、“wishstar and sunlight and darkness.” そしてこちらは2曲目らしい曲。(笑)
cali≠gariの何かのインタビューでも、この位置にはライブ定番曲というか右肩上がりに盛り上がっていく曲が配置されてる(『10』でいう“マッキーナ”、『11』でいう“JAP ザ リパー”のような。)とあったもので、
この、“wishstar and sunlight and darkness.”も、それに相応しいものかと。

曲を聴いた印象・イメージとしては、すごく朝方4時とか5時くらいに、たくさんの流れ星を家族で眺めてるような画が浮かびました。
歌詞の内容が、『夜明けが訪れるそのときまで』『夜明けの瞬間』とか、『もう少し、夜更かししてお話がしたいの』という物語らせるフレーズはあるものの、音像が上記に示した画を頭の中に映しましたね。

印象としてすごく好きな曲。包まれていたい と思わせる曲ですね。

解説本でも『光と光と光と光』という仮タイトルで作曲者のkaname氏が付けて、手鞠氏が『光が映えるのは闇があるから』としてこのタイトルになったのも頷ける。

3曲目、“MillionDead Baby Songs”
解説本では当初メロコア想定していたそうですが、全く異なる方向へ。(笑)
で、手鞠氏は『厚い積雪の雪原を膝でかきわけて進む』という表現をされたとか。

聴いたイメージと歌詞の内容と解説本を合わせた中での私の印象としては、この曲のイントロで、
森の入口に木製の扉があって……、なんていうか ドラクエ5で 大人になった主人公が、“迷いの森”を通って、“妖精の国”へ向かう過程のような感じ。
実際、プレイの中で森の中を抜けて、その妖精の国(城)に行くと、そこは雪の中ですからね。


4曲目、“feel me”  これは聴き手が多くを語ることが陳腐である…曲をそのまま受け取ることが大切…とも言えるし、また、大きく反論も出来てしまったりする。静かで温かくて。…けど、とても難しい。
kaname氏からの『独りじゃないよ』という意味を込めたこと、手鞠氏がそれを受けて『孤独とは何かを深く考えること』 …が この曲に込められてるそうですが、

想ってくれる誰かがいることが素晴らしいのか、自分が誰かを想えることが素晴らしいのか。
当然、双方が近しい感情で想いを寄せているならそれは理想であるのかもしれないですが、そうもいかない状態(常態)の中で……相手か、自分かの どちらかが“欠落”していたとしても 想いを祈り捧ぐことが出来るのかな…。
この曲では『届かなくても、誰もいなくても…』という意思の強さを秘めていく(過程)が込められているのかなと。


5曲目、“Room No.13”  暗い曲です。暗い詞です。
解説本で、手鞠氏が『一種の救い的なものを書いたつもり』とありましたが、よくわかりませんでした。(苦笑)
『夜を閉ざす雨音』が しいて言うならば、追い込まれる状況を作り出すことでもあるし、またそこからの解放でもある 両方の意味を持つのかなと。


6曲目、“H u m m i n g b a r d ' s”  曲はとてもロック。で、歌詞もこれはストーリー仕立てでは無いというコトだそうで。
タイトルが半角スペース空いてるのが気になってましたけど、絵的なものを示してるんだそうな。
私ゃてっきり、強調・誇張する表現として(スタッカートを打つような)スペースが空いてるのかと思ってました。


7曲目、“Awake or asleep”  頭のドラムが行進曲で、音はぐにゃぐにゃと。
『寝ても覚めても』という意味で、kaname氏が震災当時のどうにもならない怒りの感情を込めたとか。
手鞠氏の歌詞はなんだかよくわからないパレードを表されたようで。

ぐちゃぐちゃでカオティックなんだけど、それでも毅然と物事は成立をしているというアンバランスさの 違和感と、「規律正しいようすを強いられる」ような。混沌という日常 を感じました。


8曲目、“ファラウェイ、ファラウェイ。” amber grisらしいというか、手鞠氏らしい、ピクニック出掛ける的な曲…という第一印象。

作曲者wayne氏によると、『草原を走る列車は北へ』という仮タイトルだそうで、聴いた感じではポジティブな印象だったんですが、不安とかを表してるそうで、手鞠氏もそれに近しい表現で歌詞を彩ってますけど。
ホント、ピクニック出掛けるかと思ったくらいに爽やかでポップ。
wayne氏が作曲した意図のコメントにあった、『誰も手の届かないところへ行きたい』というのは背景次第ではポジティブともネガティブとも取れますものね。


9曲目、“hazy moon luvgaze.” こちらも爽快なポップロック。
歌詞は過去を思い出してるような。
何かが『終わった』あとで、…それ自体はとてもツラい大変なことだったかもしれないけれど、どんな楽しいことがあった? どれだけかキズを負ったかもしれないけど、今なら笑えるよねー。 …って、親しい誰かと話してるような。
歌詞の最後の「今は幸せかい?」というのが象徴的。

10曲目、“浴室の人魚” 解説本を読んで歌詞を見ると、歌詞はシンプルな内容。
流されるままの日々に自由を失って、ここから抜け出せたらいいのに と、自由に焦がれて悩んでるような。

解説本による、作曲者wayne氏の鬱屈した(?)心理状態も歌詞には反映されてるようで。
ある意味で、kaname氏作曲の“Awake or asleep”に、内面の様子は似ているような気がします。
“浴室の人魚”は鬱、鬱屈とした中からの想像やら妄想やらあこがれ・理想を描いてるけど、
“Awake or asleep”は、躁状態も孕んでるような、この曲との対比が感じられるというか。


11曲目、“element of soul” 個人的に、この曲が“feel me”と対(というか近似値の曲)になってると思いました。
解説本+歌詞で、結局、この世を構成するものが何も無かったとしても存在する意味を求める。と。
解説本より、『表現者としての意味を下さい』という、それは手鞠氏の本音なんでしょうけど、孤独の意味を問うた“feel me”の方が、強い 印象を受けたので、正直、この曲がラストでは弱いかもしれないと思いました。

何故なら、この世を構成するエレメントが無い、ということは、歌を歌っても…や、歌じゃなくても何か表現をしようとしたときに 伝わらない要素が増すワケで。そこで他者へ意味を求めるのは、姿勢を汲み取ってほしいという願望……悪い意味では依存や甘えになるのでしょうか。
空気を振動させて伝達することもままならない、それでも伝えたい意思が、意志があるという、意味の捻出を自身から繰り出したもののほうが、とても強いと思うので。

ただ、この曲はある意味で弱さの表明でもあるので、それ自体がラストに来ているのは強さでもあるというパラドックスもあるのかと。純粋な弱さを差し出すことはとても強いので。
同じく逆説的に、“feel me”は 強がり をしているとも取れるので。



なんでしょう…、重厚な…は違いますね、充実したアルバムですね。サラッと聴けるんですけど、聴いてて満足感はある。そんな感じかしら。



Aタイプ付属のDVDは“feel me”PV。
amber grisは広がる世界のような空気を出してくれるので、そういった映像かと思ったら室内。
ただ、本に包まれた室内なので、内面世界の広がりを暗喩してるんだろうか…なんて思ったり。


オフィシャルHPで購入したので、特典で、『僕たちの旅 2011』が。
ライブ映像がチラッと入ってたけど、それよりもオフショットのほうが見ごたえあったわね。

で、それはそうとして、チーム分けトークが面白かった…www
手鞠氏、それ、土佐弁ちがう…www じぇけんのうは西郷どんじゃあ…w
げにまっこと…とか、……ぜよ。とか言わないと…。www
つか、順応性高ぇえ!w カード引くたびに瞬時に対応すな!…w

殊氏…ポールダンスやってほしかった。ウケすぎです…w
wayne氏も結構頑張ってたよね。オネエ唐突…。


kaname氏ハマるねぇ。 がんばるねぇ。w
KYOKUTOUラミさんはサービス精神旺盛なんだけど指令を強引に…ゴリ押ししすぎお…www

"hollow sound"のほうの付属DVDは、“feel me”PVメイキング。
合間合間におまいらイチャつきすぎだお☆

pomander [DVD+CD限定盤]pomander [DVD+CD限定盤]
(2011/07/20)
amber gris

商品詳細を見る

pomander [通常盤]pomander [通常盤]
(2011/07/20)
amber gris

商品詳細を見る

FC2blog テーマ:ヴィジュアル - ジャンル:音楽

[2012/02/02 00:07] | amber gris
トラックバック:(0) |

amber grisの初のミニアルバム、『チャイルド・フォレスト』を購入。聞きました。

6曲収録。

1曲目、『悲しみ暮れる黄金丘陵』は葬送曲のような。まさに画としてはちょっと小高い丘にお墓が並んでるような場所で、“黄金”が夕焼けとか、地面を照らしてるような。

まさに始まりに位置する曲ではないでしょうか。画とか景色が浮かぶ。

2曲目、『over flow girl's sick』 。 引き続きkaname氏作曲によるもので。メロディやらサビやらで転調する 変化に富んだ曲。

フールズメイトに記載されてたインタビューによると、kaname氏がぶつかった出来事を胸に、感情をぶつけたもののようで。手鞠氏の歌詞もそれを反映したものだとか。

“地を(血を)濁すばかりだから”と、“空に奪われた 赤い風船”が象徴的。

3曲目、『Amazing world』 。 wayne氏による楽曲で、聴いていて個人的にこの曲、この歌が一番曲者という印象。くせもの っていうか 暗いよね。

曲は非常に疾走感のあるポップな曲なのに歌詞が暗い。

これ 歌詞のストーリーの人物が自殺してるか、自殺しようとしてるかとか、なにか変な薬でも飲んでるとか(ODとか?)。  “遠くまで行くだけのハズだった”の“ ハ ズ ”が、予定外な出来事になってしまったような。

全てを拒絶したら全てが肯定的に受け容れられ楽しめる世界だった っていうのが、全然ポジティブじゃないんですよねぇ。

まぁ、言葉が尽くされてるので画は容易に浮かび易いのですけど。

間奏のトコのメロディは好きです。

4曲目、『海風と雨と最後の手紙』 。 本昨で唯一の手鞠氏による作曲。

たぶんポジティブな歌なんだろうと思うんですけどね。

故人への手紙なのか、過去の自分と向き合う意味での手紙なのかな なんて思いながら。

歌詞の最後のフレーズ、カタカナなんだけど、歌の区切るトコを考えたら、

『死に際 愛でては 日に問い 意を孕む』 になるのかなぁ。

5曲目、『snoozy and roll』 。 インタビューによると、初期に出来た曲だそうで、この曲が曲も歌もシンプルかも。

なによりタイトルだけとっても『むにゃむにゃ ゴロゴロ~』っていう感じなので、穏やかな感じですね。歌詞の “狂わず狂った子等” の辺りだけが引っ掛かりますけど、それ自体が自然なのでしょうかね。曲調のまま 楽しめるものかな~。と。

6曲目、『深緑のローレライ』 。 曲はwayne氏で、海のイメージで作ったそうですが、手鞠氏のアテた詞は森の中。

森の中でも海の中でも、中から外は見えるけど、外から中までは見えないんじゃないでしょうか。

で、改めて“ローレライ”をwikipediaで見て、なんですけど、

この曲は 意図しない幻想とか幻覚に魅せられてしまって、大人になるのを拒んでる子ども(少女)になるのかな。

10月17日のワンマンライブのタイトル、『失意の森の少女』とも合わせると。

それで、この曲があることによって、『チャイルド・フォレスト』と言えるのかなー、と。

そんで、7トラック目がありますが、インタビューによると 『余韻を楽しむためのもの』だそうで、曲が収録されてるわけでは無いと。

歌詞カードやフールズに載ってた1ページだけのインタビューを参考に紐解いてみたりしましたけど。

全体を通して、じっくり しっとり聴けるアルバムなのではないでしょうか。

メロディアスでキャッチーな曲に手鞠氏の歌詞が乗るコトで、6編の物語を楽しむ。そんな聴き方ができるのかなと。

Music チャイルド・フォレスト

アーティスト:amber gris
販売元:an griffon
発売日:2010/09/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する


FC2blog テーマ:ヴィジュアル - ジャンル:音楽

[2010/09/21 12:13] | amber gris
トラックバック:(0) |

“『少女のクオレ』を聞いた。”
amber gris 2ndシングル、『少女のクオレ』を聞きました。

作詞は当然全て手鞠さんですが、作曲は全てwayneさんで。

“クオレ”とは“心臓”とか、“心”とかという意味になるのかな。

リード曲、“茨の花は罪に咲く”は、手鞠さんらしい血の通った唄。
相変わらず“赤”いイメージですね。

曲は上記1曲目だけがバラードで、あと2曲はポップというかロックというか。

2曲目“Love in the first.”は主人公は人じゃないのかな。
『僕は毛むくじゃら』とか、歌詞で、言葉が通じて無い間柄を指すような印象を。

3曲目“sunny day's seeker.”。手鞠さんはよくこういう、ピクニックに行く というか、高台の草原に出掛ける ような歌詞を描くやね。
歌詞の『いつかね、君か〜』の辺りで転調するメロディは好き。

ところで2曲目も3曲目も歌詞的に、死ぬことを表してるのかな。まぁ3曲目の方はかなりポジティブな感じで個人的に好きですが。

で、画像でもうひとつ映っているのは購入店舗特典のコメントDVDなんですが。…映像が暗いんですが。(笑) メンバーの顔が暗くてよく見れない…。もっと明るいトコでお願いします…。(笑)

Music 少女のクオレ

アーティスト:amber gris
販売元:an griffon
発売日:2010/03/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する


FC2blog テーマ:ヴィジュアル - ジャンル:音楽

[2010/03/29 03:29] | amber gris
トラックバック:(0) |